FC2ブログ

気ままな場所

主にオーガスト系のゲームとかのSSや類する小ネタ等を書いていこうと思います

夜明け前より瑠璃色な SS   『冬の味覚』

「おはよう、さやか」
「さやかさん、おはようございます」
昨日の帰りが少し遅かったのと今日は公務は休みなので今朝私達二人はゆっくり眠らせてもらって今起きたところ。
「フィーナ様、ミアちゃん おはよう。朝食できてますよ」
「ありがとう。あら?そういえば達哉と麻衣は?」
「二人とも物見の丘公園の掃除に出かけてますよ」
「掃除?」
「えぇ、町内会の清掃活動に参加してるのよ」
「そうなんだ。私達も手伝いに行かない?」
「外は寒いですしそれに結構大変ですかし」
「地球では冬が寒いのは当り前だしそれにどんなことをしているのか興味があるしね」
「そうですか?それでは暖かい格好をしてきてください。行ってみましょう」
「わかったわ。ちょっと待ってて」

私とミアは暖かくて動きやすい服に着替えてきた。
「それじゃ行きましょうか」
「はい」

物見の丘公園には沢山の人が来て掃除をしていた。
「ええと・・・達哉くんと麻衣ちゃんは・・・どこかな・・・?」
「あ、いたいた。達哉!麻衣!」
「あ、フィーナ 来たのか?まさか一人?」
「ううん、さやかとミアも一緒よ」
「頑張ってるわね、達哉くん 麻衣ちゃん」
「まぁ日頃お世話になっている町内会の行事だからな。ちゃんとやらないと」
「そういうことね」
「私達も手伝うわ。何かやることはない?」
「それじゃ、集めた落ち葉をあそこの焚き火で燃やしてくれ」
「わかったわ。よいしょ・・・と」

「お!達哉くんトコは今日は人が多いな」
「ええ。さっき応援部隊が来てくれましたから今回は総出です」
「そりゃ助かるな。よろしく頼むよ」

「最初は寒かったけど動いていると段々暖かくなってきたわね」
「そうだな。家で燻っているよりはいいかもしれないな」
「それにしても・・・いつまでやっても終わらない感じね・・・」
「そりゃいつまでもやってたらキリがないさ。適当なところで終わらせるんだよ。もう大体いい感じかな」

向こうから声がした。
「お――――い!!そろそろ終わろうか!!」
「ん?終わりらしいな。それじゃあとは火の始末だけだな」
「焚き火のそばって暖かいわね」
「そう言えば麻衣、あれはまだかな?」
「あぁあれね。もうちょっと入れとこうか」
「あぁ、なるほど。あれね」
「え?あれって?」
フィーナとミアの頭上に?マークが見える。
「出来てからのお楽しみ」
「えぇ―――――?!」
「そうね。きっと二人とも気に入ると思うから」
何となく不満そうな顔をしたフィーナではあったが・・・。

それからしばらく焚き火を囲んで他愛も無い会話が続く
火もそれそろ下火になりかけてきた頃に
「そろそろいいかな?お兄ちゃんお願い」
「あぁ分かった」
達哉が焚き火をゴソゴソと探ると中から銀紙に包まれた塊が出てきた。
「え?何?これ?」
「焼き芋よ」
「焼き芋???」
「食べてみて。美味しいから」
「どうやって食べるのかしら?」
「あぁ、そうか。やってみるから。アルミホイルから出してこうやって皮をむいてかぶりつく・・・あちちちち!!!!」
「も~~~~、お兄ちゃん そんなに慌てて食べなくても・・・」
「なるほどね」
私も真似をして一口
「初めての味ね。うん、美味しい」
「ホントですね。美味しいです」
「まだまだ私達の知らない味がたくさんあるのね。いい体験だわ」
「と言うか一国の姫が焼き芋をほおばっている光景もそうそう見れるもんじゃないな」
「そ・・・そうかしら?でもクセになりそうな味ね」
「まぁ女の子で焼き芋が好きなコは結構いるから別に不思議ではないな」
「そうだね。美味しいから私は好きだよ」

「お―――い、達哉くーん!!こっちで豚汁を作ってるから食ってくれ!!」
「は――――い!!」
「ちょっともらってくるから。みんな食べるだろ?」
「うん」

達哉が汁の入った器をかかえてきた。
「はい、フィーナ。熱いから気をつけて」
「えぇ、ありがとう」
一口のんでみる。
「これも美味しいわ」
「そうですね。これってどうやって作るんでしょうか?」
「あ、それなら私が作り方を知ってるから教えてあげる」
「そうですか?麻衣さん、よろしくお願いします」
「任せなさい」
「特にこういう寒い中で食べると一段と美味しいだろ?」
「そうね。体も暖まるし、それに地球に来て始めて買い食いしたときのことを思い出したわ」
「あぁ、アイスの買い食いか」
「立ったまま食べるなんてことは私達の感覚ではまず考えられないことだし」
「そりゃそうだろうな。仮にもフィーナがディナーで立ったまま食い物にかぶりついているなんてことはありえないしな。まぁ、その姿を想像すると笑えるが」
「ちょっと!!変な想像しないでよ。いくら何でも私はそんな端たないことはしないわ!!」
「でも立食パーティーとかはあるんだろ?それに近いとか?」
「違うわ。あれはあれでちゃんとマナーがあるわよ」
「ま、庶民の場合はこういう所で食べるときはこういうもんだよ」
「場の状態に合わせて、ってことね」
「そういうこと。じゃ食べ終わったら火の始末をして帰ろう」
「そうね。お疲れ様」




あとがき・・・みたいなの
何だかシリーズ化したみたいな感があるみたいですがまた書いてしまいました(^^;


マクさんSS 「しろちゃんと」
何はともあれ楽しく笑えるというのはいいことですな。
それにしてもどんなことでも楽しんで笑っていられる伊織はやっぱスゴイ。

朝霧さんSS
1/25 これで活動を頑張れば美化委員会に続いて第2のコスプレ軍団の登場ですな(ってコラ!)
1/26 「大丈夫だよ。その時は、白ちゃんを抱きしめるから」
うわ!!考えてみりゃなんてこっ恥ずかしいセリフなんだ!!(^^; すげ・・・!!




ブログパーツ

コメント

10GOOD!!


おもしろいですねww

また来ますぅ~♪♪
(≧∇≦)/☆彡

http://mogura99.net/mogu_s/yalex/

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kimama810.blog64.fc2.com/tb.php/109-b54c7534

 | HOME | 

Calendar

« | 2019-11 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

TIPS114 記念日にメッセージを表示する

Birthday


今日は誰の誕生日?


Recent Entries

Categories

Monthly

通算ランキング

月間ランキング


アクセスカウンター





現在の閲覧者数:

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

福hide

福hide

『気ままな場所』へようこそ!

文字通り思いつくまま気ままにSSを書いているところです。
主としてオーガスト系(といっても種類はかなり限定されていますが)とあとはちょこちょこと気が向いたらなのは系他も書いてたりして。

当ブログはリンクフリーです。
この様な所でよろしければ御自由にして頂いて結構です。
報告とかも任意で構いません。
ただ、メール等で御一報下さればコチラからも改めて御挨拶に伺わせて頂きます。


E-mail:morn-8.10@ninus.ocn.ne.jp(@は半角で)



『夜明け前より瑠璃色な-Moonlight Cradle-』は2009年2月27日に発売です。