FC2ブログ

気ままな場所

主にオーガスト系のゲームとかのSSや類する小ネタ等を書いていこうと思います

FORTUNE ARTERIAL SS    『千堂瑛里華誕生日記念SS「誕生日に逆襲を」』

瑛里華さん、誕生日おめでとうございます。
ということでサイトによってはえりりん一色のところも……がんばってますね~~~(^^

というわけでヲイラからはコイツを↓




FORTUNE ARTERIAL SS 『千堂瑛里華誕生日記念SS「誕生日に逆襲を」』


「あ~~~~、今日も疲れたな……」
今日も優しい(?)会長にこき使われて、ようやく部屋に帰ってきた俺は手早く服を着替えるとそのままベッドに寝転がった。
「そういえばもうすぐ会長の誕生日なんだよな。何だかんだ言ってもやっぱりこうしていろいろよくしてもらっている以上は何かしてあげないといけないよな」
先日から会長の下着攻撃の餌食になっている俺としては少々気が進まない気もしたのだけど、向こうも別段悪気があってやっているわけじゃないことはよく分かっているし、見たからといって代償として何かを要求してくるわけではない(もっともこっちは見る気はないんだが、向こうが確信犯的に見せてくるんだから仕方がない)
考えてみれば相手が俺だから、一応俺を信用してくれているからやってるんだと思えばカワイイ悪戯である。

まぁ、それはいいとして……さて、どうしようか?
とりあえずパーティーはもちろんするつもりで考えているわけだが、それはお茶会のメンバーで打ち合わせて開けばいい。
あとで陽菜たちに相談しておこう。
巧くいけば司が会長好みの何か美味そうなケーキを調達してくれるかもしれない。
アイツの情報網は案外凄いからな。


で、問題はプレゼントなんだが……さて、どうする?
服は……ちょっと予算オーバーかな? まぁ探せば何かあるかもしれないが……
アクセサリーとかもいいんだがちょっとベタな気がする。もっともこれもピンキリなんだが。
それにしても同じプレゼントするんだったら普通にやったんじゃ面白くないな。
俺も会長から散々悪戯されてるんだからこういう時くらいサプライズとしてちょっとした悪戯要素を組み込むのも面白いかもしれない。
そう言えば今までの会長が仕掛けてきたあの悪戯は全部会長のセンスによる選択なんだよな。

そうだ!! だったら今度は俺からその悪戯に便乗してやろうじゃないか。
ちょっと恥ずかしいけど今回は俺が見たいのを俺が自ら送ってやる!!


というわけで次の休みの日、俺は近所のショッピングセンターに向かった……わけなんだが、
一応意気込んで目的の店の前に来たのはいいんだけど、さすがになかなか店に入る勇気が湧いてこないし、それ以前によく考えたら俺は会長のサイズとか分からない。想像で適当に……というわけにはいかないしどうしたら……。
すると背後から
「孝平くん、何してるの?」
ビクッ!!
「ヒヤッ!!」「な……なんだ、陽菜か……ビックリした~~」
「ビックリしたのはこっちだよ。何してるの? それにこの辺を男子がうろつくのは珍しいよね」
「あ……ま……まぁ……な」
そうだ!! 陽菜なら相談に乗ってくれるかも。
俺は一縷の望みを賭けて陽菜に相談する事にした。
「陽菜、頼む!! 一生のお願いだ!! 相談に乗ってくれ!!」
「え??!! う……うん。他ならぬ孝平くんのお願いなら……」
「ありがとう。恩に着るよ」
というわけで先ずは立ち話もなんだと思い、俺達は近くのファーストフード店に入った。もちろん相談料代わりに俺の奢りで。
「……というわけなんだ。で、誕生日プレゼントを兼ねてちょっとした仕返しをしたいんだよ」
「うふふ、なるほどね。えりちゃんも困ったものだよね。この前のお茶会の話からそんなことになってたなんて」
「笑い事じゃないよ……。まぁ、俺も一応男だから……決して嫌いなわけじゃないんだけど、こう何度もやられるとさすがに参ってしまうよ」
「うん、分かった。えりちゃんのサイズなら何となく分かるし、さすがの孝平くんも買い方までは分からないと思うから協力してあげるね」
さすがの……ってどういう意味だろう? というのは置いといて、助かった~~~。これで最大の難関はクリアできそうだ。

そして、俺は陽菜の協力を得て何とかプレゼントを購入した。
「ありがとう、陽菜。本当に助かったよ」
「よかった、力になれて。でも……」
「ん?」
陽菜は真っ赤な顔でちょっとモジモジしながら
「孝平くんって……その……ああいう感じのが……好み……なんだね?」
「あ……えっと……その……なんと言うか……」
ちょっと気まずい空気が流れた。
「うふふ、大丈夫だよ。孝平くんのことは私も分かってるつもりだから。だって幼馴染だもんね」
というか俺はその幼馴染というのが他の誰でもない悠木姉妹であることに本当に感謝だった。


そしてパーティー当日
「会長、誕生日おめでとう!! カンパ~イ!!」
パン! パン! パン!
クラッカーをみんなで派手に鳴らして乾杯をした。
司がケーキを、白ちゃんがきんつばを、そして俺と陽菜で鉄人に料理をお願いして用意してもらった。
「みんな本当にありがとう」
「さぁ、みんなで食べよう」
「考えてみりゃ今日はコレが晩飯になるんだな」
「でも鉄人特製だから味も量も申し分ないよね」
「すごく美味しいです」
みんなで舌鼓を打ちながら話をしたりゲームをしたりで楽しい時間を過ごした。

そして、パーティーも佳境に入りみんなが会長にプレゼントを渡していく。そして俺も
「会長、誕生日おめでとう。これは俺から」
「ありがとう、支倉くん。開けていい?」
「い……いや、できれば部屋に帰ってから開けてくれ」
「そう? それじゃぁ楽しみにしておこうかな」
あれ? イタズラ好きの会長が案外あっさりと引き下がった。会長のことだからこんなコト言うと普通だったら不敵な笑みを浮かべて開けようとすると思うんだけど……どうしたんだろう?
ま、何はともあれみんなの前で出されなかったのは幸いだった。



Another View 千堂瑛里華

パーティーが終り、私はみんなからのプレゼントを持って部屋に帰ってきた。
「ホント仲間っていいわね。みんなこんなに暖かく祝ってくれたし」
去年までは自分でも全く考えなかったことだ。
そりゃそうよね。私には寿命がないんだから……。

それはそうと支倉くんは何をくれたんだろう? 私のカンで何となくあの場では開けない方がよさそうだという気がしてたからあの場では開けなかったんだけど……。

包装を解いて箱を開けてみる。すると中には
「わ~~~、カワイイ~~~~」
中に入っていたのは下着が一式。
「だけど……カワイイのはいいんだけど、それにしても支倉くんもコレを買うために下着売り場に突入するなんて大した度胸ね。ま、さすが女子風呂に突入しただけのことはあると言うか……」
せっかくだから早速その下着を身につけてみた。すると……
「ピッタリ!! うん、いい感じね。……って、ちょっと待って!! ちょっと待ってちょっと待って!! よく考えてみると……何で支倉くんが私の下着のサイズを知ってるわけ??!!」
私は思わず真っ赤になってその場にペタリと座り込んだ。

「でもその前に考えてみたら支倉くんがわざわざ下着をプレゼントしてくるというのはどういう風の吹き回しかしら??」
ポクポクポクポクポク……チ~~~ン!
「……なるほど、考えたわね」
私は一人不敵な笑みを浮かべて
「うふふ……そういうことなのね。つまりこの下着は支倉くんが見たい下着ということなのね。それにこれは私に対する宣戦布告と見たわ。面白いじゃない? 支倉くんの好みも分かったことだし。えぇ、そういうことなら堂々と受けてたってあげるわ。存分に見せつけてあげるから明日は覚悟してなさい……うふふふふ……」

Another View END


そして同時刻
ゾクリ……
「うぅ……なんか妙な悪寒が……こんな時期なのにもしかして風邪でもひいたかな? とりあえずこういう時はさっさと寝るに限るな」





あとがき……みたいなの
というわけで瑛里華さん、お誕生日おめでとうございますm(_ _)m
誕生日SSにもかかわらず結局のところ、何故か例の『暴走パンツシリーズ(?)』の続編というか外伝的な話というか……になってしまいました。
何だかオチもわかりやすいですし(オイ……)

そういえば似たような話を過去の誕生日SSで書いたっけ……(^^;

ブログパーツ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kimama810.blog64.fc2.com/tb.php/219-08138286

 | HOME | 

Calendar

« | 2019-11 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

TIPS114 記念日にメッセージを表示する

Birthday


今日は誰の誕生日?


Recent Entries

Categories

Monthly

通算ランキング

月間ランキング


アクセスカウンター





現在の閲覧者数:

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

福hide

福hide

『気ままな場所』へようこそ!

文字通り思いつくまま気ままにSSを書いているところです。
主としてオーガスト系(といっても種類はかなり限定されていますが)とあとはちょこちょこと気が向いたらなのは系他も書いてたりして。

当ブログはリンクフリーです。
この様な所でよろしければ御自由にして頂いて結構です。
報告とかも任意で構いません。
ただ、メール等で御一報下さればコチラからも改めて御挨拶に伺わせて頂きます。


E-mail:morn-8.10@ninus.ocn.ne.jp(@は半角で)



『夜明け前より瑠璃色な-Moonlight Cradle-』は2009年2月27日に発売です。