FC2ブログ

気ままな場所

主にオーガスト系のゲームとかのSSや類する小ネタ等を書いていこうと思います

今日のネタ(SS付き)

久しぶりに昼間に車に乗ったら……灼熱地獄とはもしかしてこの事?!
窓を全開にしても生暖かい……というか熱風しか入ってこない……。
極力エアコンを使うまいと思っていたんですが……負けた _l ̄l〇


というわけで


TMさん SSの紹介と感想どうもありがとうございます。
その辺は煩悩と欲望の赴くままに(^^

それと長旅をされたみたいでお疲れ様です。レポはまたゆっくり読ませてもらいます。



今回は久しぶりに過去の作品を↓



FORTUNE ARTERIAL SS 好きな先輩【美化委員会編】


「広い敷地だな~」
修智館学院後期過程への入学式を数日後に控えた私は散歩がてらに院内を散策して歩いていた。
すると部活とかの様々なユニフォームを着た集団が忙しそうにしている中で一際華やかな衣装に身を包んで掃除をしている集団が目に入った。
部活では無さそうだし……何だろう? あの集団は。 
よく見るとその衣装はもしかしてメイド服?!
「でも、かわいいな……」
そしてその集団の中に更に一際華やかな人を見つけた。
「きれいな人……。何て名前の人なんだろう? 話しかけてみようかな」
暫く見とれているといつの間にか集団が近くに来ていて、眺めていた私を見つけると
「どうかしましたか? 私たちの活動に興味があるとか?」
ぽかぽかした暖かい春の日差しの様な笑顔で聞かれて私は思わず真っ赤になって俯いてしまった。
「え! あ……あの、み……皆さんはどういった集団なんですか?」
「あなたはもしかして新入生?」
「は・・・はい」
「そうなんだ。あ、私達は“美化委員会”と言って学院内の美化活動を行っている集団です。もし興味があったら入学式後に説明会を行う予定ですので参加してみてください」
「は……はい。し……失礼しました」
私は緊張しているからか不器用に頭を下げると慌ててその場を立ち去った。


『美化委員会内にて』
「悠木委員長、彼女どうしたんですか?」
「う~ん……どうしたんだろう?」
するとメンバーの一人が不敵な笑みを浮かべて
「そういえば彼女の顔、真っ赤でしたけどもしかしたら委員長のことを……?」
「え?? えぇ??!!!」


時は流れて入学式後
私はこの前説明してくれた人の言葉通り、説明会に参加するため美化委員会の部屋にやってきた。
既に何人か入会希望者がいたみたいで、やはり大半はあの作業用のメイド服を見て憧れた人ばかり。
「あぁ、あの時の人ってここの委員長だったんだ」
説明会は悠木委員長による活動内容の説明と作業服の採寸が行われて今日の予定は終わった。
私達新入生の本格的な活動は作業服が来てからのことになるらしい。
それまで数日かかるらしいが、私はその服を着て悠木先輩と作業するのが楽しみで仕方がなかった。

とある放課後、私は教室に忘れ物を取りに行った時に廊下の掲示板にポスターを張っている委員長の姿を見つけた。
「お疲れ様です。お手伝いします」
「あ、ありがとう」
「委員長自らがポスター張りをやってるんですか?」
「うん。まぁ、好きでやっていることだしね。それはそうといよいよ明日だね。作業服が来るの」
「はい。すっごく楽しみです」
「あなたもやっぱりこの服に憧れたの?」
「無いとは言いません。でも私は服よりも……あ! いや……その……それより委員長はこの服は最初どう思われたんですか?」
この思いは本人を前にしてとても言えない。
焦った私は思わず話をはぐらかせた。
委員長はちょっと首を捻りながらきょとんとして
「変なコね……。私の場合は最初この衣装を見たときは凄く恥ずかしかった。今でもちょっと恥ずかしいけどね」
「そんな……すっごくカワイイと思います。私はそんな委員長の姿を見て憧れて……あっ!!!」
……言ってしまった!!! とうとう言ってしまったよ!!!
たちまち顔が真っ赤になったのが自分でもよく分かる。
「どうしたの?」
「い……いえ、何でも……ないです」
しどろもどろになりながらもどうにかポスターを貼り終え
「お……お疲れ様でした」
「お疲れ様。ありがとう、お陰で早く終わったよ。それじゃまた明日ね」
「し……失礼します」
委員長とはその場で別れた。
「はぁ―――――― とうとう言っちゃったよ。委員長、変に思ってないかな……?」
結局私はそれが気掛かりで夜は余り眠れなかった。

そして待ちに待ったその日……のはずであったのだが、昨日のこともあって委員会室へ向かう私の足取りは心なしか重かった。
「失礼します」
「あ、服が届いてるよ。あなたの分はこれね」
そして、委員長の声がした。
「はい、みんな作業着に着替えて今日はこれから中庭の清掃作業を行います」
その声を受けて私も着替えに入った。
「よく似合ってるわよ。さ、行きましょう」
「あ、委員長 昨日の事ですが……」
「え? 何かあったかな?」
「あ……いえ、何でもないです」
そ、か。委員長は特に気にかけてないんだ。
よかったと思った反面、ちょっぴり寂しい気も……。

改めて思ったけど、この服の視覚的効果は抜群だ。
私も同様に周囲からの注目を一身に浴びているのがよく分かる。
たまたま通りかかった同じクラスの生徒が私の姿を見て「え?!!」って顔をしてるし……。
やはりこの派手な衣装を着ていると私もそれなりに見られているのかな? とちょっと得意気な気持ちになってみる。
でもやっぱりそれ以上に委員長はキレイだな。
時々手を休めてチラチラ見るんだけど、これだけ同じ服を着ている人がいる中でも一際光っているので委員長がドコにいるのかすぐ分かる。

それにしてもやっていることは結構大変で、終わる頃には私達新入生達はもうクタクタになっていた。
「はい、後片付けをして今日はこれで終わります」
「は―――い」

片付けも終わって着替えに帰る時に委員長に
「美化委員会の仕事っていつもこんなにハードなんですか?」
「う~~ん、今日はどちらかと言うとちょっと大変な方だったかな? でも慣れれば大丈夫だと思うよ」
てなことをさらりと言う委員長を見て私は一言
「す……すごいな」
「でも本当は私達だけじゃなくて皆が学院をキレイにしようという意識をもってもらうことが一番大事なんだけどね」
「そうですね」
「そのためには先ず私達が率先して頑張らないと。じゃまた明日」
「はい。お疲れ様でした」

翌日の教室ではあの作業着姿を見たクラスメイトから当然のように話題が振られた。
「ちょっと~、あの服はスッゴク目立つね!! アンタ何だか見違えたみたいだよ!!」
「ホントホント!! いつもと違って凄く女のコって感じで可愛かったよ!!」
「ちょっと―――――!! じゃいつもの私ってどんなのよ?」
「ただのアホ」
「って・・・オ――――イ!!」
「でもホントにいつもと違って見えたのは事実だよ。そういえばアンタ、美化委員会に入って何だか段々と変わってきてる気がするんだけど何かあったの?」
「え? 別に何もないけど? 何が変わったの?」
「う~~~~~ん……上手く説明できないけどあえて言うなら好きな人とか憧れの人でもできたのかな? とでも言うのかな? もっと言うと目がハートになってる……みたいな?」
「はぁ――――――??!! 美化委員会に男子はいないよ」
「別に委員会のメンバーとは限らないでしょ? ま、もっともこれは例え話だけどね。ふふっ」
「ったく……変なこと言わないでよね」
でも分かる人に分かっちゃうのかな? 
まぁ恋愛感情ってわけじゃないんだけど憧れている先輩がいるのは確かなんだよね。

部活動や委員会に参加する理由は人それぞれだと思うけど私の場合は
悠木委員長に会いたいから
悠木委員長の素敵な笑顔が見たいから
悠木委員長と一緒にお仕事がしたいから

委員長の眩しい笑顔を見るたびに私の心は晴れやかになっていくのがよくわかる。
だから私は毎日委員会活動へ参加するのが楽しみで仕方がない。

そして私は今日も委員会へ参加する。

春の日差しのように暖かくそして眩しい笑顔をした憧れの先輩と今日も一緒にいたいから。




あとがき……みたいなの
久しぶりに過去のを載せてみました。
今回は以前に載せた瑛里華の【生徒会編】に続いて陽菜の【美化委員会編】です。
投稿したのをそのまま載せる事も考えましたが、結局一部修正しました。
ただ原文は壊さないようにしていますので話の流れとかは大丈夫です。



ブログパーツ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kimama810.blog64.fc2.com/tb.php/271-fc2138c6

 | HOME | 

Calendar

« | 2019-08 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

TIPS114 記念日にメッセージを表示する

Birthday


今日は誰の誕生日?


Recent Entries

Categories

Monthly

通算ランキング

月間ランキング


アクセスカウンター





現在の閲覧者数:

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

福hide

福hide

『気ままな場所』へようこそ!

文字通り思いつくまま気ままにSSを書いているところです。
主としてオーガスト系(といっても種類はかなり限定されていますが)とあとはちょこちょこと気が向いたらなのは系他も書いてたりして。

当ブログはリンクフリーです。
この様な所でよろしければ御自由にして頂いて結構です。
報告とかも任意で構いません。
ただ、メール等で御一報下さればコチラからも改めて御挨拶に伺わせて頂きます。


E-mail:morn-8.10@ninus.ocn.ne.jp(@は半角で)



『夜明け前より瑠璃色な-Moonlight Cradle-』は2009年2月27日に発売です。