FC2ブログ

気ままな場所

主にオーガスト系のゲームとかのSSや類する小ネタ等を書いていこうと思います

夜明け前より瑠璃色な SS     『受け継がれる証』

もう10月も終わりに近付いてきたのか……
気候も懐も寒くなってきたし……って暗い話題になってはいけませんな。


というわけで


早坂さん、TMさん、SSの紹介と感想どうもありがとうございます。

早坂さん:フィーナの願い……一応自分の頭の中にはあるにはあるんですけど、たぶんこういうのは書かない方がいいと思いますね。

TMさん:いくら体は人並み外れていても心までは……ということですね。



やまぐうさんSS 『洗濯の自由
なるほど面白い(?)風習ができてしまってたんですね。
読んでてこれも何となく続編が浮かんできた気がするんですけど、もしアイデアがまとまったら……の話ですが、また書いてみたいと思います (^^;




夜明け前より瑠璃色な SS 『受け継がれる証』


コトン……
就寝前、私は付けていたティアラを外してテーブルの上に置いた。
いつだったか物心付いた頃に母様(というか公式の場で与えられたのだから女王陛下と呼ぶべきかしら?)から正式に与えられていつもつけている王女の証のティアラである。
そして、私と一緒に長年歩んできたこのティアラとも今日でお別れ。
明日私は先日退位した父様の後を継いでスフィア王国の新たな女王として即位し、母様がかつて付けていた女王専用のティアラをつける。
もっとも正式には明日の式典において最後の最後まではこれをつけているから、その時までということになるのだけど。


「どうしたんだ? フィーナ」
「ううん、何でもないわ。ただ……」
「ただ?」
私はもう一度ティアラを持ち上げて
「このティアラとも長い付き合いだったわね……と思ってね」
「そう言えばそうだな。俺も見慣れてしまったけど考えてみたらそのティアラとの付き合いは俺より古いんだもんな」
「うふふ、そうね。それに考えてみればもしかしてこういうのも“腐れ縁”って言ったりするのかしら?」
「ははは、別に腐っちゃいないだろ? それに手入れも怠らないからいつまでもキレイなままじゃないか」
「こういうのもミアがきちんとお手入れしてくれていたしね」
「そうだな。だけど明日からはかつてセフィリアさんがつけていたあのティアラをつけるんだよな。俺もこの前見せてもらったけどフィーナのと比べると結構大きかったな」
「そうね。あれから厳重に仕舞いこまれていたから私も母様が亡くなってからは見た記憶ないけど改めて見ると割と大きな物ね」
「だけどあんな大きいのつけてると肩がこるとか首が痛くなるとかなったりして?」
「そこまで重いわけないでしょ? 首を鍛える重りじゃないんだから」
「ははは、そりゃそうだ」


私は今一度ティアラを見つめながら
「このティアラも、そして明日から私がつけるティアラもたぶん私が生まれる遥か前から代々受け継がれてきたのよね」
「そうだな。そしてこれからも俺達の子供や孫に受け継がれていくんだよな」
「そうね。そして、今私のお腹にいるこの子もいつかはこれをつけることになるんでしょうね」
そう……今、私のお腹には達哉との愛の証である赤ちゃんがいる。
先日公式に発表して国中から盛大にお祝いされたばかり。
私はお腹を撫でると
「いつの日かあなたもこれをつける日が来るんでしょうね。そして将来は女王のティアラを……。その日を私は楽しみにしているわね」
「たぶん初めてフィーナに会ったときみたいにドキリとする姿かもしれないな」
「うふふ、もしかして娘に心を奪われる……とか?」
「あのな~~~、それよりフィーナこそ娘を相手に焼もちなんて焼くなよ」
「私は大丈夫よ。それに大体達哉はそういうことができない人だというのは分かってて言ってみたのよ」
「相変わらずいい趣味してるよな、フィーナって」
「“相変わらず”ってどういうことかしら?」
「いちいちそういうツッコミをするんじゃありません」
「は~~~い。うふふ」

二人とも毎日が忙しい中で、こういう他愛もないやりとりをしている時間が一番楽しいのだけれどさすがにいつまでもやっているわけにはいかない。
「さぁフィーナ、今夜はもう早く寝ないと。明日は朝から大変だぞ」
「そうね。もう朝からスケジュールが一杯で大忙しになりそうね。それに寝不足で目を真っ赤にしたまま即位式を迎えるわけにはいかないからね」
「ははは、そうだぞ」


『今日までありがとう。それからお疲れ様。これからはお腹の子があなたをつけるその日が来るまで暫くの間ゆっくり眠っててね』
私は心でそう呟くと持っていたティアラを再びテーブルに置き、達哉が待つベッドに向かった。





あとがき……みたいなの
ひさびさに短めのを書きました。
今回のは街を歩いていてふと目に付いた『ティアラ』という店の看板を見たときに、ふとこれがキーワードになって思いついたSSなんですが、考えてみるとネタというのはどこに転がっているかわからないもんですね。そして、我ながらそういうキーワードだけでよく思いついたもんだと思いました。



ブログパーツ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kimama810.blog64.fc2.com/tb.php/314-3c4b6863

 | HOME | 

Calendar

« | 2019-08 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

TIPS114 記念日にメッセージを表示する

Birthday


今日は誰の誕生日?


Recent Entries

Categories

Monthly

通算ランキング

月間ランキング


アクセスカウンター





現在の閲覧者数:

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

福hide

福hide

『気ままな場所』へようこそ!

文字通り思いつくまま気ままにSSを書いているところです。
主としてオーガスト系(といっても種類はかなり限定されていますが)とあとはちょこちょこと気が向いたらなのは系他も書いてたりして。

当ブログはリンクフリーです。
この様な所でよろしければ御自由にして頂いて結構です。
報告とかも任意で構いません。
ただ、メール等で御一報下さればコチラからも改めて御挨拶に伺わせて頂きます。


E-mail:morn-8.10@ninus.ocn.ne.jp(@は半角で)



『夜明け前より瑠璃色な-Moonlight Cradle-』は2009年2月27日に発売です。