FC2ブログ

気ままな場所

主にオーガスト系のゲームとかのSSや類する小ネタ等を書いていこうと思います

FORTUNE ARTERIAL SS    『似た者同士……?』

一時暖かかった日もありましたが、まだまだお寒うございます。
ここの更新状況も寒い状態でありますな(ToT)

久しぶりに『夜明け前~』のドラマCDを申し込んでみました。一応シンシアの話に関しては興味もあったのと今回は資金の目処もついたので。


というわけで久々に更新です。

大変遅くなりましたが 早坂さん、マクさん、TMさん、SSの紹介と感想どうもありがとうございます。

早坂さん>そりゃ確かに誰も居なければなにやろうと知ったこっちゃありませんね(^^
それと別に似てたからといってもただ似てるだけで話はその人の話ですからね。是非読んでみたいです。

マクさん>そりゃもう年の功……って背後に殺気が……。
着物は自分で着られると思った方が何となく流れとして自然かと。

TMさん>あの……どっちの充填でしょうか?(^^;



やまぐうさんSS 『ふたりの住まい~月で未来を~
なるほど考えてみるといろいろ大変ですな。先駆者はいろいろ取払わなければならない垣根も多いでしょうけどこの二人ならどうにかなるんではないでしょうか。


マクさんSS 『クリスマス・サプライズ<<おまけ>>
相変わらずの派手な兄妹喧嘩ということで……。
というか伊織も瑛里華たちを怒らせて楽しんでますな。それかこれくらい羽目を外して楽しまないと人生(?)やってられないというのでもあるのか? いずれにしてももう楽しそうで結構結構……と


FORTUNE ARTERIAL SS 『似た者同士……?』


とある休日、久しぶりに私は実家に帰って母様(何故か紅瀬さんもいたのだけれど)と親子水入らずの時を過ごした。
仲良く(?)お話をしながらお昼ご飯を食べた後、私は自分の部屋に向かうのに廊下を歩いていた。
この廊下はこの家でも日当たりがいいので少し寒いこの時期でもかなりポカポカとして気持ちがいい。
「う~~~ん、何だかここだけは妙に暖かいわね。このままここでお昼寝しちゃおうかしら」
と一人ブツブツ言いながら歩いていると足元に何やら物体が……。
よく見ると一匹のネコが気持ちよさそうにお昼寝をしている。
「あら? もしかして母様のネコかしら?」
と思ってよく見ると色が全然違う。
「違うみたいね。でもドコから入ってきたのかしら? それにしても……この日溜りで気持ちよさそうにお昼寝してるわね。あ、そうだわ」
私はお昼寝中のネコを起こさないように脇を静かに通り抜けて自分の部屋に戻ると先日買ってきたあるアイテムを持って廊下に戻ってきた。
「母様のネコと遊ぼうと思って買ってみたんだけど、まさかこんなところで使う事になるとは思わなかったわね」
私が持ってきたのはこの前街のお店でたまたま見つけた“猫じゃらし”
私は気持ちよさそうにお昼寝しているネコの横に寝転ぶと持っている猫じゃらしをネコの顔のところをコチョコチョ。
しばらくすると
『にゃ~~~~~』
「あ、目を覚ましたみたいね。ゴメンね~、お昼寝の邪魔をして」
だけど折角のお昼寝を邪魔されてご機嫌斜めかな? と思ったけどこのネコは案外大人しく人懐っこいみたいで私の持っている猫じゃらしに興味を示したのか戯れはじめた。
『にゃ~~~~にゃ~~~~』
「うふ、カワイイ。じゃれてるじゃれてる」
猫じゃらしで遊んでいる姿に私も思わず目を細めてしまう。
「何だか飽きないわね」

そのまま暫くの間ネコと遊んでいたのだけど
「それにしてもここは暖かいわね。まるで床暖房でも入れてるみたいにぽっかぽか……」
だからなのか段々と眠くなってきた。
そして……いつの間にか私は夢の世界に落ちていくのだった。


どのくらい時間が経ったのだろう?
何だか鼻の辺りがくすぐったい……。
『は……は……はくしょん!!』
目を覚ました私は辺りをキョロキョロして
「あ……私……寝てたの?」
すると母様が呆れた顔で
「何でこんなところで寝てるんだ? 瑛里華。以前のような吸血鬼ならともかく風邪ひくぞ。」
「あ……母様に紅瀬さん」
「ったく……世話の焼ける娘だな」
「ゴ……ゴメンなさい。そう言えば私の横にネコがいなかった?」
「あぁ、あのネコか。それならもうとっくに帰ったぞ」
「そ……そうなんだ。それにしてもなんて起こし方をするの? 私はネコじゃないわよ」
母様の手には私がさっきあのネコと遊んでいた猫じゃらしが。
その猫じゃらしで私の鼻をくすぐっていたらしい。
「何だ? 風邪ひいたらいけないと思って起こしてやったのにそんな言い方をしなくてもいいだろう?」
「普通に起こしてくれたらよかったじゃない?」
「普通じゃ面白く……あ、いや……そりゃすまん」


すぐ横で押し殺したような笑い声がした。
「それにしてもこれって似た者同士かしら?」
横で紅瀬さんがデジカメの画像を見ながらクスクス笑っている。
「な……何よ、何がおかしいの?」
すると紅瀬さんは私にカメラの画像を見せてくれた。
「んな……!!」
その画面にはさっき遊んでいたネコと全く同じ姿勢で並んで寝ている私の姿が映っていた。
「これもどうかしら?」
次の写真も私とネコはこれまた全く同じ姿勢……。
「はっはっは。もしかしたらお前もあのネコとどこかで血がつながっているのかもしれんな」
母様はもうお腹を抱えての大爆笑。
私は思わず顔を真っ赤にして
「ちょっと貸しなさい!!」
紅瀬さんの手にあるデジカメを取り上げようとするのだけれど、何せ今の運動能力は向こうの方が断然上。取れるわけがない。
「お願いだからそれ消してよ……」
「別にいいじゃないか、瑛里華。娘の成長記録として印刷して飾っておくのもこれまたよかろう」
「ちょ……ちょっと母様!! そんな恥ずかしいことしないで!!」

すると今度は紅瀬さんが
「そうね、そういえばこの前見ていた雑誌に確か“ほのぼのフォトコンテスト”っていうのがあったわね。それに応募してみようかしら?」
「ほのぼのふぉとこんてすと?」
「何かほのぼのする写真を集めて順位をつけるらしいわ。確か1等は賞金100万円だったかしら?」
すると母様は楽しそうな顔で
「なるほど、それもいいかもな。桐葉、応募してみるがいい」
それを聞いた私はもう慌てて
「ちょっと止めてよ!! そんな恥ずかしい写真を出さないでよ!!」
「いいではないか、瑛里華。それにこれもよくみると確かにほのぼのする写真だしな」
「ヘンななぐさめはよして……」
「いいじゃない? 千堂さん。それにもし1等を取ったら何か美味しい物をご馳走してあげるわ」
「そ……そういう問題……?」
既に私の存在は無視されている感じで二人は打ち合わせを始めた。
「それでは桐葉、早速印刷して送れ」
「それより私、この写真の印刷の仕方が分からないんだけど」
「何だ、そんなことだったら支倉を呼んでやらせればよかろう」
紅瀬さんはポンと手を叩いて
「あ、なるほど。そうね」
「お~~~い瑛里華、すぐ支倉をここに呼べ」
もう……都合のいい時だけ私に振ってくるんだから……。
私はムッとした顔で
「……絶対にヤダ」
私としては一つの砦のつもりだったんだけど母様は意に返さず
「そうか。それじゃ桐葉、お前支倉の連絡先を知ってるか?」
「え? 一応知ってるけど?」
「じゃあ、すぐ呼び出せ」
「それは構わないけど来るかしら?」
「その時はあたしが“急用があるからすぐ来い……と言ってた”とでも言っておけ」
「分かったわ」
紅瀬さんは携帯をとりだすと孝平に電話を始めた。
えぇ~!! じゃあさっき私に話を振ったのは何だったのよ!! それよりも……
「ちょっと~~~!! 余計なことをしないでよ~~~!!!」
……という私の気をよそに話は決まったようで
「支倉くん、今から来るみたいだから」
「そうか、分かった。それじゃ後は頼むぞ」
「分かったわ、伽耶」

「あ……あのね……私の存在は完全に無視……?」
もう母様と紅瀬さんの話をうしろでボ~~~と聞いてるしかできない私だった。





あとがき……みたいなの
何となくネコっぽい気がする(?)瑛里華さん……の話であります。
まぁ、たまたま出てきた“猫じゃらし”というキーワードから思いついた話ではありますが……。



ブログパーツ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kimama810.blog64.fc2.com/tb.php/347-deb34cf2

 | HOME | 

Calendar

« | 2019-08 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

TIPS114 記念日にメッセージを表示する

Birthday


今日は誰の誕生日?


Recent Entries

Categories

Monthly

通算ランキング

月間ランキング


アクセスカウンター





現在の閲覧者数:

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

福hide

福hide

『気ままな場所』へようこそ!

文字通り思いつくまま気ままにSSを書いているところです。
主としてオーガスト系(といっても種類はかなり限定されていますが)とあとはちょこちょこと気が向いたらなのは系他も書いてたりして。

当ブログはリンクフリーです。
この様な所でよろしければ御自由にして頂いて結構です。
報告とかも任意で構いません。
ただ、メール等で御一報下さればコチラからも改めて御挨拶に伺わせて頂きます。


E-mail:morn-8.10@ninus.ocn.ne.jp(@は半角で)



『夜明け前より瑠璃色な-Moonlight Cradle-』は2009年2月27日に発売です。