FC2ブログ

気ままな場所

主にオーガスト系のゲームとかのSSや類する小ネタ等を書いていこうと思います

FORTUNE ARTERIAL SS    『冬の必須(?)アイテム』

寒いです。やはり2月なんですね。
こう寒いと外を出歩くのも億劫になってしまいますわ。

というわけで久々に更新します。

早坂さん、SSの紹介と感想どうもありがとうございます。

早坂さん>ははは、確かにきりきりさんは扱いが巧いですからな(^^



早坂さんSS 『肌の触れ合い
何だかある意味こっちも“バカップル”に近いのかな?
それにしても……う~~~ん、最近は記念日系のSSが思いつかなくなってきた。このままだと10日の翠様のBDSSは……。

充電
もしかして二人にとってはこれも仕事のうち?

それってどういうことかにゃ~?
やはりバカップルの行動というのは面白いですな~~(^^
この際、とことん誘導尋問にかけられるというのも面白いかも。

鬼は内
こりゃまた壮絶なる豆まきですな。
それにしても……『貴方はいつも舐めてるんでしょう?』って一体どこを?(^^;

やまぐうさんSS 『普通の人に
金髪から黒髪ってのも案外いいかもですな。っていうか考えてみると髪の色の方が校則ではうるさそうだけど先天的ならいいのかな?

見る目を知って
と言うかお互い異性の目に関しては案外敏感なのかも。ま、健全な男だったら普通は注目するでしょうね。

清白さんSS 『1月
考えてみりゃ物凄い光景ではあるような……。

朝霧さんSS『とびきりの天罰
いかなる形であれ天罰というのはエステルさんの代名詞となっているみたいですな。
っていうかエステルさん、役者ですな~~~(^^





FORTUNE ARTERIAL SS 『冬の必須(?)アイテム』


「よし……と、これだけ長さがあれば大丈夫ね。うん、完成~!」
私は数日前から今まで必死になってある冬の必須(?)アイテムを作っていた。
「初めて作ったからちょっと形が変だけど孝平は喜んでくれるかな? 一緒にやってくれるかな?」
私がこれを作る事になった切欠というのが、先日たまたまテレビを見ていると、とあるCMで出演していた俳優さんがやっていた1シーンを見て
「わ~~~、こういうのっていいな~~。何だか恋人同士らしくて」
この時私は画面を見つめながらこのシーンと同じコトを孝平とやっているところを想像しながら一人でニヤけていたわけです。

そして翌朝
私は出来上がったアイテムを鞄に忍ばせて部屋を出た。
朝から早速やってみたい気もあったんだけど、幾ら何でもみんなが見ているところでこれをやるのはさすがの私もちょっと恥ずかしい。
だからか孝平からは
「今日の瑛里華は何か変だな。何かあったのか?」
なんて突っ込まれるし……。
私はというと今は
「え? べ……別に……何も……」
と言うのが精一杯。どう聞いても明らかに怪しいわね。

というわけで、結局朝は何も出来ないままに時は流れて放課後に……
うまい具合に(?)今日はたまたま用があって……あくまでも“たまたま”だからね!! 孝平と監督生室に来ている。
と言いたい所だけど、まぁ……一応予定として前もって決まってたわけから確信犯と言われても仕方がないんだけどね。
一応後輩に託したとはいえまだ学院にいる以上は出来る限りのフォローはしてあげるべきでしょうからね。

そして私達が白たちのフォローを終えて帰途に着くべく監督生棟を出たときはもう日も傾き始めていた。
「さすがにちょっと寒いな。瑛里華は大丈夫か?」
「え? そ……そうね。ちょ……ちょっと寒いかな……」
う~~~ん、どこで出すべきやら……。
「グズグズしてるとこの大事な時期に風邪ひいちまうとヤバイからさっさと帰ろうぜ」
「う……うん」
じょ……冗談じゃないわ。このままさっさと帰ってしまったらこれまでの私の苦労は何だったの?
すると足が進んでいない私を見て孝平が
「おい瑛里華、何やってるんだ? 早く来いよ」
「こ……孝平……」
ええ~い! こうなったらもうどこで切り出しても一緒じゃい!! 丁度周りに人もいないしちょうどいいわ。
「孝平、お願いがあるんだけど……」
すると孝平は怪訝そうな顔をして
「ん? 何だよ? 改まって」
遂に私は鞄から例のアイテムを取り出した。
「こ……これを一緒に付けて歩いてくれないかな?」
孝平はビックリした顔をして
「え? な……何だ? それは?!」 
「……私が編んだマフラーよ」
「しかも……何だ? その半端ない長さは?!」
先日テレビのCMで見て次の休みに早速毛糸を買ってきて何日もかけて編んだ力作だ。
所々目がとんでたりしてるのでいかにも素人作品みたいな感じだけど。
「テレビで最近よくやってるあのCMで見たことなかったかな? 長いマフラーを二人でして歩いているのを……。あれを……やってみたかったのよ」
やった! 遂に言った!!
それにしても辺りは物凄く寒いのに何故か私の顔は思いっきり火照ってるし……。
よく見てみると孝平の顔も真っ赤だ。
「瑛……瑛里華……」
「だめ……かな……?」
「だめなわけがないだろ? 逆に凄く嬉しいよ」

私は孝平の横に並ぶとその長いマフラーの片方を孝平の首に巻きつけ、反対側を自分の首に巻きつけた。
「どう? 暖かいかしら?」
「あぁ、凄く暖かいよ。それに何だか瑛里華の温もりが伝わってくるようだ」
「マフラーを伝わって?」
「それもあるだろうけどこれは瑛里華が心を込めて編んだものだからな。これ自体にも温もりがあるんだよ、きっと」
ってなコトを言われて何だか照れくさくなった私は思わず
「きゃん!」
と叫んで前かがみになってしまった。すると
「う……!!」「……!!」
一本のマフラーで繋がっているものだから引っぱられてお互いの首が絞まってしまった。
「うぅ~~~苦しかった……。お……おい、頼むから妙な動きをしないでくれよ。縛り首じゃないんだから……」
「ふぅ……。ご……ごめん。だけど……孝平が恥ずかしい事を言うからよ」
「えぇ~~~!! 俺はただ褒めてお礼を言っただけなのに俺のせいかよ」
「お……お礼は嬉しいんだけど……あまり恥ずかしいことは言わないでね……」
「あぁ、それじゃ帰ろうか」
「うん。今度は気をつけて足を合わせて一緒に歩かないとね」
その時監督生室の窓から白の声が
「瑛里華せんぱ~~~い、忘れ物ですよ~~~!」
「あ! いけない。取りに行かないと!」
この瞬間また私は首のマフラーのことをすっかり忘れてしまっていた。
「ちょっと取ってくるね」
と言って振り返って走り出した瞬間
「……ウグッ!!」「……グエッ!!」
またまた二人して縛り首状態に
「ゴホッ……こ……殺す気か?!!」
「ゴホッゴホッ……私も死ぬかと思った……」
二人でむせていると私の忘れ物を持って白が外まで出てきていた。
「あの……お二人ともどうされたんですか?」
「な……何でもないわ……。ありがとう、白」
「はい、お疲れ様でした」


このあとの帰りはお互いに先走って首を絞めてしまわないように肩を組んでまるで“2人3脚”の状態で帰った。
お互い何だかたどたどしい動きでとてもCMのような軽い動きなんて出来やしない。
「何だかまるで帰り着くまで命懸けだったな……」
「そう言われると何だかムカつくけど……ある意味事実だから文句も言えないわね……」
「でもありがとう、瑛里華。実を言うと俺もこういうのをやってみたかったんだよ」
「そうなんだ。ま、何だかんだ言っても今日はお互いの夢が叶ったってことかしら?」
「そうかもな。まぁ今日は二人して漫才みたいな感じだったけど今度こそはあのCMみたいに息もピッタリの動きで歩こうな。それじゃまたあとで」
私は孝平の後姿を見ながら
「うん、またあとでね」




あとがき……みたいなの
この状況はいつだったか実際に何かのCMでやってたのでは。
自分としては実際にやったことがないのでどうなるか分かりませんのであくまでも想像で書いています。
はい、またしても例のバカップルです(^^;
何だか最近はこんなのが多い気がします……。
ま、やはりもしかしたらこの手の話は手っ取り早いのでしょうか?
それにしても後から考えるとタイトルは『冬の』の前にはもしかして『バカップルの』と言う言葉をつけるべきだったのでしょうか?


ブログパーツ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kimama810.blog64.fc2.com/tb.php/348-87eb9612

 | HOME | 

Calendar

« | 2019-08 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

TIPS114 記念日にメッセージを表示する

Birthday


今日は誰の誕生日?


Recent Entries

Categories

Monthly

通算ランキング

月間ランキング


アクセスカウンター





現在の閲覧者数:

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

福hide

福hide

『気ままな場所』へようこそ!

文字通り思いつくまま気ままにSSを書いているところです。
主としてオーガスト系(といっても種類はかなり限定されていますが)とあとはちょこちょこと気が向いたらなのは系他も書いてたりして。

当ブログはリンクフリーです。
この様な所でよろしければ御自由にして頂いて結構です。
報告とかも任意で構いません。
ただ、メール等で御一報下さればコチラからも改めて御挨拶に伺わせて頂きます。


E-mail:morn-8.10@ninus.ocn.ne.jp(@は半角で)



『夜明け前より瑠璃色な-Moonlight Cradle-』は2009年2月27日に発売です。