FC2ブログ

気ままな場所

主にオーガスト系のゲームとかのSSや類する小ネタ等を書いていこうと思います

『チョコっとした争い』   FORTUNE ARTERIAL SS

こんなSSを書いていますが、書いている本人にはあまり関係ない日です。


というわけで

早坂さん、TMさん、SSの紹介と感想どうもありがとうございます。
早坂さん>
・そりゃもう、バカップルならではのやらかし方です(^^
・骨の髄までといったらもう……ですよね~~(^^;

TMさん>やっぱり注目はそこですか?



早坂さんSS 『ゆーわくしちゃうぞ?
こっちはカレーでなくてみどりんを食べちゃった……ということですな(^^

やまぐうさんSS 『至高のチョコ
こちらとしても何となく結果が気になるような……。


FORTUNE ARTERIAL SS 『チョコっとした争い』


何故か今日に限って妙に重苦しい空気の監督生室。
その原因はと言うと、実は……俺と瑛里華なのだけど……。
東儀先輩は“我関せず”の様子だし、白ちゃんに至ってはこの何とも重苦しい雰囲気に耐え切れず
「ちょ……ちょっと礼拝堂に……行ってきます……」
まるで脱兎の如く監督生室を飛び出していった。
東儀先輩からは
「お前達、白に余計な恐怖心を与えないでくれ」
と言われながら睨まれたのだが、そんなコト言われてもな……。

そんな中で
「いや~~~今年も大漁大漁!」
何やら大きな紙袋を抱えた会長がご機嫌な笑顔で入ってきた。すると
「あれ? 今日はまた異様な空気が流れてるね。瑛里華、また何かやらかしたのか?」
瑛里華はいかにもご機嫌斜めな感じで
「『また何か』ってどういうこと?それに何で私のせいよ?」
実に冷え冷えした声
「やれやれ……“ナントカ喧嘩は犬も食わない”と言うけど瑛里華もあまり気にしないことだね」
「私が何を気にしてるというの? 大体誰が夫婦よ」
「フッ、支倉くんの横にある紙袋を見れば原因は見当はつくよ。それに俺は別に夫婦とは言ってないけど」
「だから私は何も気にしていないって言ってるでしょ?」
その機嫌の悪い物言いのどこが気にしてないんだよ、って思いっきり突っ込みたいところではあるけど……。
「ふ~~~ん? では俺が今朝からの行動を再現してあげよう」
うわっ!! 会長がこんなことを言い出すと大概はロクなことがないんだけど……
「今朝二人が学院に来てから玄関で支倉くんが自分の下駄箱を開けると中からドサドサっと何かがこぼれ落ちた。
よく見るとそれは大量のチョコレート。
思わず瑛里華のこめかみがピクピクと……。
だけど優しい支倉くんはそのチョコを捨てるのがもったいないということで鞄から何やら袋を取り出した。
取り出された袋を見てそのあまりの用意周到さに更に瑛里華のこめかみに怒りマークが!!
恐らく支倉くんは『何かのためにたまたま持ってただけだからな』と言っただろう。
だけど今までそんな袋なんて見たことがないのに今日に限って袋を持ってたことがどう考えてもおかしいと思ったわけだ。
で、その後教室では机の中にも大量のチョコが入っていた。
そしてそれだけならまだしも休憩時間になるとひっきりなしに後輩から『支倉せんぱ~~~い』そして同級生や先輩からの『支倉く~~~ん』という声がかかりっ放しで瑛里華は支倉くんに近付くことができない。
瑛里華のポケットには前日から苦労して作った本命チョコが入っていたというのに支倉くんの周囲は女子に取り囲まれてしまっているのでなかなか渡せない。
そしてその支倉くんがやっと解放されたのが放課後。
その時には支倉くんの手には大量のチョコの入った紙袋が握られていたわけだ。
その袋を後生大事に持っていた姿を見た瑛里華は怒りのあまりに結局は渡せず終い。
で、それが支倉くんの足元にある紙袋……ということだね。どうだい? 大体こんなところじゃないか?」
そこまで再現されると言葉も出ない。
こんなところも何も……って、どこで見ていたんですか? 会長……。
「大きなお世話よ……兄さん」
「おやおや、図星だったのかい?」
「いい加減にしろ、伊織。こんな雰囲気ではとてもじゃないが仕事にならん」
「ほ~~~い。じゃこの話題はとりあえずこれで終わりっと」
と言いながら会長は自分の持っている袋からチョコを一つ取り出すと
「うん、美味しいね。やっぱり疲れた体には何と言っても甘い物が一番だね」
どこがだろう? 年がら年中元気が有り余ってるとしか思えないんだけど。 ま、別にチョコを食べ過ぎたからといって会長の場合は体がどうかなるわけでもないだろうしな。
さすがに俺はこんなに食べたらどうなることやら……。

結局今日一日中この重苦しい空気は全く好転しなかった。
もっとも瑛里華も仕事はキチンとわきまえるのでその点に関しては問題なかったんだけど……。
会長は相変わらずもらったチョコを食べながら自分のことをやってるし、東儀先輩も自分のペースで仕事を進めている。そして白ちゃんは……結局帰ってこなかった。一応先輩の携帯に連絡はあったみたいだけど電話中の会話を聴く限りでは完全にビビってしまっているのでとてもこの雰囲気の中に戻ってくる事ができないみたいである。
こりゃ白ちゃんには悪い事しちゃったな……。あとで謝っておかないといけないな。


そして一応今日の仕事も終わって
「帰るわよ、孝平」
冷たく一言……。

二人で外に出て帰り道。
いつもなら他愛もない話をしながら帰るところであるが、何故か今日は全く会話がない。
「おい瑛里華、ったく……いつまで怒ってるんだよ。ガキじゃあるまいし」
「え~え~、どうせ私は“ガキ”ですよ!!」
ホント親子揃ってつまらんトコで頑固なんだから……。
「それより瑛里華、まだ俺は一番肝心なのをもらってないんだけどな」
「何よ。そんなに一杯もらっててまだもらい足りないの? それにたくさんの女の子に囲まれて幸せそうだったけど?」
「そりゃせっかくくれたのを断れないし嫌な顔なんかできるわけないだろ? それよりも瑛里華には俺がその程度の男にしか見えなかったのか?」
「その程度ってどの程度よ?」
「だから俺が瑛里華を差し置いてまで勝手に他の女子と付き合うような軽々しい浮気男と思ったのか?ってことだよ。それにチョコをくれた女子達もみんな俺と瑛里華が付き合っていることを知ってたからこれは全部義理の内の一つだよ」
「そうなの?」
「本人がくれる時にそう言ってたんだから間違いないよ。それにあくまでも俺の本命は瑛里華の以外にありえないってこと。だからこの袋のチョコはまだどれ一つとして手をつけていない」
「……」
「俺は瑛里華から貰いたいんだ!!」
すると瑛里華は表情を和らげて
「分かったわ。ごめんね……孝平。つまらない意地を張っちゃって……。それじゃ改めてこれ、受け取ってくれるかな?」
瑛里華はポケットからチョコを取り出して俺に差し出した。
「ありがとう。もちろんだよ。当然じゃないか!! そうだ! 今ココで開けて食べてもいいかな?」
「え? ……ここで?」
「あぁ、帰るまでガマンできないから今ココで開ける」
と言うと俺は包装を解くと箱を開けた。すると
「ありゃ?」
「え? 溶けてる……。そ……そんな~~~~」
ハート型(だったのだろう? 何やら歪になってしまっているが)の上に何やらホワイトチョコで文字を書いたらしき形跡があるのだが、溶けてしまって何が書いてあったのか分からなくなってしまっている。
「もしかして今日ずっとポケットに入れてたのか?」
「う……うん……」
「だから体温で溶けてしまったんだな」
「あ~~~~ん!! せっかく頑張って作ったのに~~~~」
「とりあえず頂きます」
と言うと俺はそのチョコを口に放り込んだ。
「うん、美味い!! 形は変わっても味は変わらないからな。で、結局チョコの上には何て書いてあったんだ?」
「え? ナイショよ。そんなこと……口では恥ずかしくて言える訳ないじゃない?!」
瑛里華は照れて下を向いてしまった。一体何を書いてたんだよ……そういうふうに言われると余計に気になるんだけどな。

「ま、いいや。それはそうとこの大量のチョコはどうしようか?」
「そうね~~。せっかくの頂き物だしみんなで有意義に食べましょうか?」
「お茶会でチョコフォンデュでもするか?」
「うん、それはいいかもしれないわね」
「たぶん俺と司は途中でギブアップすると思うからこういう類は任せる」
「え~~~~?! ったく……鍋だとあんなに大喰らいのくせにこういう時は役に立たないの?」
「さすがに甘いのばかりは勘弁してくれ~~~~」



あとがき……みたいなの
はい。またまた登場、バカップルのバレンタイン編(?)です。



ブログパーツ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kimama810.blog64.fc2.com/tb.php/350-ab33409c

 | HOME | 

Calendar

« | 2019-08 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

TIPS114 記念日にメッセージを表示する

Birthday


今日は誰の誕生日?


Recent Entries

Categories

Monthly

通算ランキング

月間ランキング


アクセスカウンター





現在の閲覧者数:

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

福hide

福hide

『気ままな場所』へようこそ!

文字通り思いつくまま気ままにSSを書いているところです。
主としてオーガスト系(といっても種類はかなり限定されていますが)とあとはちょこちょこと気が向いたらなのは系他も書いてたりして。

当ブログはリンクフリーです。
この様な所でよろしければ御自由にして頂いて結構です。
報告とかも任意で構いません。
ただ、メール等で御一報下さればコチラからも改めて御挨拶に伺わせて頂きます。


E-mail:morn-8.10@ninus.ocn.ne.jp(@は半角で)



『夜明け前より瑠璃色な-Moonlight Cradle-』は2009年2月27日に発売です。