FC2ブログ

気ままな場所

主にオーガスト系のゲームとかのSSや類する小ネタ等を書いていこうと思います

FORTUNE ARTERIAL SS    『新作発表会』


そろそろ日中は暖かくなってきた気がします。

それにしても……最近どうもネタが思いつきません。
なんかこのところ無気力状態になってしまっているのか創作意欲どころか他の趣味まで気分が乗らなくなっているというか……。
そんな中やっとのことで一つできたのでUPします。

う~~む、これもある意味シリーズ的になってきてるのかな?


そういえば最近は『夜明け前~』のを書いてないな……。






FORTUNE ARTERIAL SS 『新作発表会』


「さて……と、今日もさっさと洗濯とか掃除とかやってしまわないとね」
いつものように孝平を会社に送り出し、そして伽耶を幼稚園に送って行ったある朝のこと。
さっそく私は家中の洗濯物をかき集めると
「よいしょ……と、それにしても3人しかいないのに案外あるのね……」
と呟きつつ洗濯物を洗濯機に放り込んでスイッチオン。そしてその後は
「♪ふ~~ん ふん ふん ふ~~~~ん♪」
鼻歌交じりでお掃除。
今日は妙に掃除機を動かす手が軽いので思わず
「うん、今日は何かいいコトが起こりそうな気がするわね」
すると
プルルル……
突然リビングの電話が鳴った。

「もしもし、支倉ですが」
すると電話の向こうから
「もしも~~し。えりりーん、元気~~?」
聞き覚えのある(?)相変わらずのムダに元気な声がした。
それにしても……お店とかで何か結構会ってるのに“元気?”ってどうなのかな?
ま、挨拶だから別にいいか……。
「こんにちは、悠木先輩。私はいつも元気ですよ~」
「うむ、よろしい。もし暗い声してたら“わたしルール”違反で罰ゲームの所だったけどね」
“わたしルール”に“罰ゲーム”って……一体? と思いながらも
「はいはい……、で 本題は何ですか?」
「も~~~、えりりん つれない~~って、それはおいといて」
勝手に暴走しといて勝手に収束させるいつものパターン。
「で 本題だけど、へーじの新作がやっと完成して明日からお店に並ぶからいつものように食べに来てね」
悠木先輩からの連絡ということで大方想像はついてたけどね。
「へ~~~、で 今回はどんなのですか?」
毎度の事ではあるんだけど一応聞いてみる。
「それは来るまでの秘密……ってか答え分かってて聞いてるでしょ?」
まぁ、これもいつものやりとり。
「あ、やっぱり」
「それじゃあ必ず来るように。あ、もちろん伽耶ちゃんも連れてきてよ。じゃあね~~」
「言われなくても一緒に行きますよ。それではまた後程」
これまで毎回新作ケーキができると店に出す前日に必ず連絡があるので、いち早く食べるためにこの連絡があった日は必ず家のコトはさっさと終わらせて幼稚園に伽耶を迎えに行った帰り道に必ず行くようにしている。
伽耶も八幡平くんのケーキの大ファンだしね。
もちろん私もだけど。
それに先日このお店が雑誌に紹介されてからというもの陽菜の入れるお茶と八幡平くんの作るケーキは学院の生徒達にも案外人気が出てしまったからなのか新作が出る日はお店も忙しいので私も伽耶も落ち着いて食べられない。
やっぱり美味しいものは落ち着いてゆっくり味わいたいからね。
って言うか新作が出た日は何故かあっという間に売切れてしまうのでゆっくり食べるどころかそれ以前の問題だけど。
悠木先輩もそれが分かっているから前日に連絡してくれる。
「うふふ。やっぱり予想通りいいことがあったわね。さて、そうと決まったら張り切ってさっさと終わらせなくっちゃ」
私は更に気合を入れて家事に精を出すのだった。

そして午後、幼稚園が終わった伽耶と一緒に喫茶『Pure Message』へ向かう。
お店に行く途中で伽耶には事の次第は話しておいたからもう伽耶は満面の笑顔でニコニコしながら
「ママ~~~、はやくはやく~~~」
うふふ、もうゴキゲンね。伽耶に急かされるようにドアを開けて中へ
「こんにちは~~」「こんにちは」
「あ、えりりんに伽耶ちゃん いらっしゃい」
中に入ると私達はいつものカウンター席へ
お店に来る時間は予め伝えておいたから座るや否や
「はい、えりちゃん 伽耶ちゃん」
絶妙のタイミングで陽菜が紅茶とホットミルクを出してくれた。
そして、悠木先輩がこれまた絶妙のタイミングで
「はい二人とも、これがお目当ての新作だよ。召し上がれ」
新作ケーキの登場。みた感じもキレイだしなかなか美味しそう。
隣で伽耶が目を輝かせながら
「うわ~~~~、おいしそう~~~」
すると奥から八幡平くんが
「“美味しそう”じゃなくて“美味しい”んだからな」
奥にいながらもしっかり聞いてたんだ。
「じゃぁ伽耶、いただきましょう」
「うん、いただきま~す」
一口目を口に運ぶ。
うん、何とも絶妙な甘さ。それでいて上品な感じ。
「どうどう? えりりん」
何故か作った本人より悠木先輩が早く答えを聞きたそうな顔をしてるし。
「うん、さすが珠津島ナンバーワンのパティシエね。美味しいわ」
すると八幡平くんは微妙な顔で
「それって誉められてるのやらどうなのやら……」
「あら? すっごく誉めてるつもりだけど。だから素直に受け取りなさい」
「へ~~~い」
「伽耶ちゃんはどう? 美味しい? あ、ほら お口にクリームが付いてるよ」
陽菜が紙ナプキンで伽耶の口を軽く拭いながらたずねた。
「うん、あまくておいしいよ」
「伽耶も八幡平くんの作るケーキのファンだからね。伽耶、おにいちゃんにちゃんとお礼をいいなさい」
すると伽耶はもう幸せそうな顔でニコニコしながら
「うん。おにーちゃん、すっごくおいしいよ。ありがとう」
前からだけど、どうも八幡平くんは伽耶の笑顔には弱いみたいで
「そ……そうか……?」
八幡平くんは照れてるのかこちらに背中を向けて奥に行くと再び自分の仕事を始めた。
「ったく、へーじもそんなに照れなくてもいいのに。だけどえりりんと伽耶ちゃんのお墨付きがあれば完璧だね」


美味しいケーキもしっかり満喫したし、いっぱい話もした。
それにしてもこういう楽しい時間というのは経つのは早いもので、いい加減に帰ってご飯を作らないといけないので
「それじゃそろそろ帰ろうか、伽耶。ごちそうさま。」「うん。ごちそうさまでした~~」
「ありがとうね、えりちゃん 伽耶ちゃん」
帰り際にいつもの通り悠木先輩が別に箱詰めされたケーキを持ってきて
「うんうん、伽耶ちゃんはいい子だね~。ちゃんと手を合わせて元気良くご挨拶してるし」
子供が誉められるとやっぱり気分はいいもので、私は得意顔で
「それはもちろん親の教育がいいから……」「はいは~~~い、というわけでそれじゃ、これはこーへーにお土産ね。そういえば最近こーへーもココに来てないからたまには連れてきてよ」
お約束じゃないけど思いっきり人の話に被せてくるし……。
ったく……人の話は最後まで聞きなさいっていうの!!
何となくフクザツそうな顔をしてる私を見て陽菜も笑いながら
「うふふ、そうだね。私もしばらく孝平くんの顔を見てないから久しぶりに会ってお話がしたいな」
あ~~~、そういえば大概ここに来るのは平日だからね。
「まぁ、孝平はそのうち連れてくるね。それじゃまたね」「おねーちゃんおにーちゃん、ばいば~~い」
「ありがとうございました~」

そして帰り道
「今日のケーキも美味しかったね、伽耶」
「うん。またたべにいこうね、ママ」
「そうね。今度はパパも一緒にね」
「うん」
二人で手を繋いで今日食べたケーキのお話しをしながら帰る。
それにしてもケーキもだけど陽菜の入れてくれるお茶もやっぱり最高ね。
通りに吹く風はまだ少し寒いんだけど今日も満足して身も心も温かくなったからか、家に向かう私達の足取りは妙に軽かった。





あとがき……みたいなの
本当に久しぶりです。
これも数日前にほぼ出来ていたにも関わらず何故か本文より訂正や書き加えなどをしていた日の方が長かったという妙な状態でして……。






コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kimama810.blog64.fc2.com/tb.php/395-5db2d6c3

 | HOME | 

Calendar

« | 2019-11 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

TIPS114 記念日にメッセージを表示する

Birthday


今日は誰の誕生日?


Recent Entries

Categories

Monthly

通算ランキング

月間ランキング


アクセスカウンター





現在の閲覧者数:

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

福hide

福hide

『気ままな場所』へようこそ!

文字通り思いつくまま気ままにSSを書いているところです。
主としてオーガスト系(といっても種類はかなり限定されていますが)とあとはちょこちょこと気が向いたらなのは系他も書いてたりして。

当ブログはリンクフリーです。
この様な所でよろしければ御自由にして頂いて結構です。
報告とかも任意で構いません。
ただ、メール等で御一報下さればコチラからも改めて御挨拶に伺わせて頂きます。


E-mail:morn-8.10@ninus.ocn.ne.jp(@は半角で)



『夜明け前より瑠璃色な-Moonlight Cradle-』は2009年2月27日に発売です。