FC2ブログ

気ままな場所

主にオーガスト系のゲームとかのSSや類する小ネタ等を書いていこうと思います

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『雨の日に』   夜明け前より瑠璃色な SS

台風が来て……いつの間にやら通り過ぎました。
確かに夜中は結構風が吹いていましたけどウチの場合はどちらかというとそれ程と言うほどのことではなかった感じでして……。
それにしても……せっかくの休みが台風のせいで結局家に缶詰状態になってしまった。
まぁ、お陰でSSを一つ書けたからよかったのかどうなのか。



という訳で先ずは感想などから

早坂さんSS 『ちちの日
あ~~~、やっぱりそっちですか~~、ってな感じですな。
それに転んでもタダでは起きないとこなんかさすがに……。

リフォーム
さすがに凄い技術だわ……。
改めてシンシアが科学者だということを再認識するようなことですかな。
まぁ、ある意味無駄使いほど楽しいものもそうそうないと思うけどこれがそのことに該当するかどうかは……。

想い
娘や息子相手ならともかく孫には敵わないですね。
それに長旅に出てもこうして落ち着ける所があるのもいいものです。

迎え火
最初は普通に進んでいっても後半からはやっぱりこうなってしまうんですね(笑)

『送り火
今度はのっけから漫才が始まっているわけで
それにしても“1200年後の世界で孫が生まれた後に700年後の世界で結婚”ってのは考えてみたらややこしいような……。
驚くというより混乱するんじゃないのかな(笑)




というわけで本編へ ↓
別に台風関連の話ではないですが、雨が降ってたから何となく思いついたわけです。




夜明け前より瑠璃色な SS  『雨の日に』



「さて、今日も頑張った……っと。う~~~~ん」
今日の仕事が終わった後、片付けを終えた私はひときわ大きな背伸びをした。
「それじゃあ私は帰ります。お疲れでした~」
『お疲れです』
研究室を出た私は
「お姉ちゃんももう終わってるかな? ちょっと覗いてみよう」
足早にお姉ちゃんの研究室に行ってみる。すると何やら妙に忙しそう。
頃合を見ておねえちゃんのデスクに行くと
「お姉ちゃん、まだかかるの?」
「あぁ、シアか。ちょっと研究が立て込んでてな。今日はまだ暫くかかりそうだ。だから先に帰っててくれ」
「……そう? じゃあ先に帰るね」
仕方なく一人で研究室を後にする。
いつもは大体帰宅時間が合うから一緒に帰ることが多いんだけど、一応部署が違うからたまにどうしてもこういうことも出てくる。
まぁ、仕方ないよね。

一人で研究所の玄関を出ると外は
「あれ? 雨が降ってる」
外は激しい雨が降っていた。
だけど今は昔と違って技術が格段に進歩しているから雨が降ってもそれ程関係ない。もっとも気分的にちょっと欝になるのは今も昔も変わらないみたいだけど。
「はぁ、仕方ないよね。アクセス」
『Master Certification』
目の前に端末が現れる。
「レイン・ガード起動」
『Rain Guard Start』
特に見た目には何ら変わったように見えないけど自分の周囲に雨を完全にブロックするシールドが展開されており、これによりどんなに激しい雨が振ろうと傘をささなくても全く雨に濡れることがない。
考えてみたら凄い技術なんだろうけど今では子供も普通に使ってる当たり前の技術。
だからさすがにこの時代で雨傘というのを使っている人は全くいないし子供の中には傘という物の存在すら知らない子もいるらしい。
もっともさすがに技術が格段に進歩したところで雨をブロックできても自然現象そのものを自在に変えることはまだまだできないんだけど。
未だもって自然というのはまだまだ人間の手に負えるような代物じゃないのよね。
というわけでシールドの展開を確認した私は
「これでよし。さ、帰ろうっと」
雨の中、私は歩き出した。
お姉ちゃんと一緒の時は二人でワイワイお喋りしながら帰るんだけど今日は一人。
こんな時はいろいろ考えるんだよね。
もっとも何かにつけて頭に浮かぶのは愛する達哉のこと。
あの時全てを振り切って私はターミナルに戻ったのに、いざこうして一人になってみると時々達哉に会いたくて会いたくて胸が張り裂けそうになることがある。
だけどこれは自分で決めたことなのだから仕方がないと思いを押し殺して忘れようとする。
でも忘れようと思えば思うほどやっぱり忘れられない。
いつもはお姉ちゃんとのお喋りとかで忘れる(ようにしている)ことが多いんだけど……
そんな時、ふと
「あ、そういえば……あの時もこんな雨の日だったっけ」
あの時傘もささずに雨の中にいたからびしょ濡れになった挙句に風邪ひいちゃったっけ。確か『雨に濡れたい』なんてことを言ってたような……。
だけど何だか楽しかったよね。さすがに風邪をひいたのはちょっと辛かったけどそのあとで達哉に看病もしてもらったし……そうだ!
自分で言うのも何だけど、こんな時の私は大概ロクなことを思いつかないらしい。もっともこれはお姉ちゃんから言われていたことだけど。
「アクセス」
私は端末を立ち上げるとある操作をしておいた。
「よし、これで大丈夫……と思う」
そして周囲の安全を確認して
「レイン・ガード停止」
『Rain Guard Stop』
次の瞬間私の体に大粒の雨が降りかかってきた。
もちろんあっという間に私はびしょ濡れに。
だけど何となくあの時の情景が浮かんできて目を閉じていると達哉が傍にいるように思えてきた。
きっと私の近くを通っている人達は私のことを“この子何をやってるんだろう?”という目で見ているかもしれない。
だけど今の私にはそんなことはどうでもいい。
愛する達哉のことを少しでも思い描ける状況ならどんなことでもしたい。
それが例え傍目には奇異に映る状況でも。
ずぶ濡れの私は目を閉じたまま雨の中に佇んでいた。

とは言ってもこんなことをいつまでもやっているわけにはいかない。
さすがにこのままだとまたあの時みたいに風邪をひいてしまう。
そうなるとお姉ちゃんや職場の人達に迷惑をかけてしまう。
だから予め端末を操作して帰ったらすぐにお風呂に入れるようにしておいた。
「帰って早くお風呂に入らないとね。うん……だけどついでだからあの時みたいにこのまま濡れて帰ろうっと。それにここまでになったら今更雨をガードしても一緒だしね」
もうどうしようもないくらいずぶ濡れになってしまったものだから帰ってからの後始末がちょっといろいろ面倒だったけど、達哉のことを思い浮かべて少し幸せな気分になれたひと時でした。

もっとも後でお姉ちゃんにこの事を話したら
「お前のアホなノロケ話には付き合ってられん」
と言われて思っきり呆れられたのは言うまでもなかった。




あとがき……みたいなの
本当に久しぶりに『夜明け前~』関連を書いてみました。
それにしてももう1年以上振りになるのか……
PCを変えてから全くゲームをやっていないのでストーリーがうる覚え状態になってきているので本とかを見て思い出しながらの作業です。
あと、こういう技術があるのかは分かりませんので勝手な想像です。


ブログパーツ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kimama810.blog64.fc2.com/tb.php/521-76314378

 | HOME | 

Calendar

« | 2018-10 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

TIPS114 記念日にメッセージを表示する

Birthday


今日は誰の誕生日?


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

Recent Entries

Categories

Monthly

通算ランキング

月間ランキング


アクセスカウンター





現在の閲覧者数:

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

福hide

福hide

『気ままな場所』へようこそ!

文字通り思いつくまま気ままにSSを書いているところです。
主としてオーガスト系(といっても種類はかなり限定されていますが)とあとはちょこちょこと気が向いたらなのは系他も書いてたりして。

当ブログはリンクフリーです。
この様な所でよろしければ御自由にして頂いて結構です。
報告とかも任意で構いません。
ただ、メール等で御一報下さればコチラからも改めて御挨拶に伺わせて頂きます。


E-mail:morn-8.10@ninus.ocn.ne.jp(@は半角で)

FC2Ad



『夜明け前より瑠璃色な-Moonlight Cradle-』は2009年2月27日に発売です。









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。