FC2ブログ

気ままな場所

主にオーガスト系のゲームとかのSSや類する小ネタ等を書いていこうと思います

『カレンのサイクルダイアリー(その14)』   夜明け前より瑠璃色な SS

朝晩とかなり涼しくなってきました。
そろそろ本格的に秋のサイクリングシーズンが始まるのでしょうか。
でも雨が多いから涼しいのか?


というわけで先ずは遅ればせながらですが、感想などから

早坂さんSS 『八月の旅路
東京の方では何やらいろんなイベントが行われているらしいですね。羨ましい限りです。
東京から遠く離れた地方にいる自分にはほぼ縁のない話かも……。
まぁ、何にしても“生”というのはいいものですね。

残暑見舞いを出すべきかどうか
ツッコミ入れる前に先ずは盛大にコケてみるとか

残酷な結果
やっぱり漫才親子ですわ(笑)
そう言えば考えてみたら自分はツイッターをやってなかったし……。



では本編へ ↓
今回は久々に実走レポート(?)です。



夜明け前より瑠璃色な SS  『カレンのサイクルダイアリー(その14)』


夏の暑さもそれ程でもなくなって幾分しのぎやすくなってきました。
さすがにエアコンディショニングされて年中一定の月の気候と違って地球の夏は暑いので、その間は朝早く起きて出発し、お昼に暑くなるまでに帰るという乗り方をしていましたけどそろそろ一日使って走ってもよさそうですね。
とは言っても仕事などいろいろありましてなかなかそうは問屋が卸さないという感じでして……
そんな中で休憩時間にネットを見ていたところたまたま『片鉄ロマン街道』というサイクリングロードというのを見つけました。
ここは片上鉄道という元鉄道の廃線跡を利用したサイクリングロードで起伏も比較的緩やかで距離も片道約34キロメートルと手頃で、また沿線沿いにはかつての路線の名残もいろいろあるそうで風景を楽しみながら落ち着いて走れそうです。
このところ走り足らないのか少々体がなまっている気がしていたし、気分を変えて変わった所を走ってみるのも面白そうですから今回はここを走ってみることにしました。


朝から曇っている為お天気の動向が少し気になるところではありますが、雨も降っていないしせっかくのお休みなので気にせず車に自転車を積み込んで一路高速道路で現地に向かいます。



高速道路の降り口の案内がでました。



出口です。ここで降ります。




その後、一般道を走って現地のサイクルターミナルに。ここが駐車場になっています。
コースの利用者は無料ですから助かりますね。



イラストのコース見取り図です。こんな感じになってるんですね。
とりあえずトイレとかはチェックしておいた方がいいみたいですね。



それ程時間があるわけではないのとやはりお天気も少々気になるので早速自転車を出して準備、出発します。
ちなみに正式な起点はこのターミナルではありません。



それでは行ってきます。
karen.jpg


ターミナルから少し走ってここが正式な起点になります。
コースには随所にこういう看板や路面に表示があったりするので道に迷うことはそうそうないと思います。



当時の写真がありました。こんな感じでここを走っていたんですね。



走り始めてすぐにこういう標識がありました。スタートから約2キロ程はこの路線で最も急勾配の上り坂があると聞いていましたから一応なる程とは思いましたけど表示は28.6??!!
そんなにとんでもない上りでしたっけ?? と思いながら横の説明を読んでみると鉄道の場合は単位がパーセントでなくてパーミルなんですね。思わず納得しました。
考えてみれば28パーセントなんて激坂、私にはとても上れません……。



走りだしたばかりでもあるからなのか、あっというまに一番の急勾配(?)を上りきって峠清水トンネルに着きました。
何だか凄く雰囲気があるトンネルですね。夜はちょっと怖そうです。



車も通らずまた道路も平坦なためストレスもなく快適に走れます。
坂があってもダラダラと下っています。
ということはそこは帰りはダラダラと緩やかな上りになるわけですね。



この辺は一般道と並走になっています。
車が入れないようにポールが立っていますからそれに気をつけて走ります。
それにしても専用道を走っているとはいえ右側を走っているのは逆走の感があって少々違和感を感じますね。



『片鉄ロマン街道』のロゴがペイントされている鉄橋を渡ります。
いかにも『鉄道橋』という感じがします。


当時の写真もあります。



『本和気』駅跡に到着。
ここまでに幾つか駅跡があったらしいのですけどどうやら気づかず素通りしていたみたいです。


横には石を敷き詰めた足ツボマッサージコーナーがありました。
少し興味も湧きましたけど靴を脱ぐのが面倒でしたから今回は写真を撮って素通りです。



『益原』駅跡に到着。
横にこういうのもありました。何も見えませんがきっと写真が貼ってあったんでしょうね。



※どうやらこのような写真があったそうです。



温泉ですか……時間があれば考えましょう。



『天瀬』駅跡に到着。
いかにも……という感じの無人駅ですね。


駅舎も何だか時代を感じさせる様で雰囲気がありますね。
中も外から見た限りですが、中で普通に休憩ができるくらいの感じです。一応手入れがしてあるのでしょう。
それにしても、“古き良き時代”という言葉をよく聞きますが良いものなら何故残らないのでしょうか?



暫く走ると今度は信号がありました。
もちろん点きませんけど。



『備前矢田』駅跡に到着。


当時を偲ぶ写真がありました。



暫く走って今度は踏切跡です。



『苦木』駅跡に到着。




『備前福田』駅跡に到着。
ここは駅の名残だけですね。



ここからまた走りやすい道になりましたのでスピードを上げます。



向こうに電車が見えてきました。どうやらもうすぐ終点のようです。



終点の『吉ケ原』駅跡に到着しました。
最初は『よしがはら』かと思っていましたけど『きちがはら』と読むんですね。
どうやら本日はお休みのようで駅舎は閉まっていました。開いていたら中で切符とかが買えるらしいですね。






当時の汽車がかざってあったり




何に使うのか分かりませんが、鉄道グッズらしいのがあったりで鉄道好きならきっと見ていて飽きないでしょうね。




手回し式の踏切だそうです。当時は普通に使われていたのでしょうか?



ここは元々鉱山があったとのことでその博物館もあるのですが、それはまた余裕がある時にゆっくり来ることにしましょう。
その当時の名残らしい櫓がありました。


ここで時間もお昼を過ぎた頃でしたから昼食をとろうと思ってチェックしておいたお店をさがしましたけど運悪く定休日でした。
ですからもしものことを考えて予め買っておいたおにぎりを食べて帰途につきました。
帰りは天候のことも考えて一気に走って帰ったため写真は撮りませんでした。
その甲斐あってか雨にほとんど(?)あうことなく無事にターミナルに帰ってきました。
ここは道自体はそれ程ハードではありませんでしたから上級者の方には物足りないでしょうけど適度に距離もあって往復すればそれなりに走った感もあったとおもいます。
もっとも現地に行くまで少々距離があるのが難点ですが、できればまた走ってみたいですね。
で、今度こそはチェックしておいたお店にも寄りたいです。




あとがき……みたいなの
久々の実走モノになりました。
この日は朝から天気が良くなくてもしかしたら降るかも……という感じではありましたけど一応最後まで雨らしい雨に遭わなくてよかったです。
まぁ正確にはちょっと路面が濡れる程度の小雨には遭いましたけどスリップに気をつければ特に問題はありませんでした。
もっともその後、車で帰っている途上で土砂降りに遭いました。早めに帰ってよかったです。


ブログパーツ

コメント

楽しみにしてます!
これからもけよりなSS期待してます!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kimama810.blog64.fc2.com/tb.php/524-2a129e17

 | HOME | 

Calendar

« | 2018-08 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

TIPS114 記念日にメッセージを表示する

Birthday


今日は誰の誕生日?


Recent Entries

Categories

Monthly

通算ランキング

月間ランキング


アクセスカウンター





現在の閲覧者数:

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

福hide

福hide

『気ままな場所』へようこそ!

文字通り思いつくまま気ままにSSを書いているところです。
主としてオーガスト系(といっても種類はかなり限定されていますが)とあとはちょこちょこと気が向いたらなのは系他も書いてたりして。

当ブログはリンクフリーです。
この様な所でよろしければ御自由にして頂いて結構です。
報告とかも任意で構いません。
ただ、メール等で御一報下さればコチラからも改めて御挨拶に伺わせて頂きます。


E-mail:morn-8.10@ninus.ocn.ne.jp(@は半角で)

FC2Ad



『夜明け前より瑠璃色な-Moonlight Cradle-』は2009年2月27日に発売です。