FC2ブログ

気ままな場所

主にオーガスト系のゲームとかのSSや類する小ネタ等を書いていこうと思います

『エレナのフォトダイアリー』   ガールフレンド(仮) SS

このところ何度も出てくる文ですが、またまた本当に久しぶりになってしまいまして申し訳ありません。
日付を見たら前回の更新が4/15だから1ヶ月以上……どころかもう2か月を超えてしまいました。
それにしてもある程度長いことやっていると段々と創作意欲が薄れてきてしまうことがあるのかなかなか気分がのってこないことがあるみたいですね。
今回はそれが思いっきり出たというのか何なのか……
それとも薄れてきているからアイデアが出ないのか、アイデアが出ないから薄れてくるのか……
まぁ元々文才があるわけではないのでちょっとくらいアイデアがあるからってすんなり書けるわけではありませんけどね。
もしかしたらこれまでそれなりに書けてきたのが奇跡なのかも。
ですけど少なくとも別に『ヤル気がなくなったからもう止めます!!』っていうつもりは今のところまだありませんのでよろしければしつこくお付き合い願えればと思います。



というわけで今回はさっさと本編へ ↓
こういう時は気分を変えて新ジャンルを開拓してみるのも一つの手でしょうか?





ガールフレンド(仮) SS  『エレナのフォトダイアリー』


「さ~て、今日もカワイイ女の子はいないかしらぁ~?」
なんてことを言いながら私は近所の公園に来た。
もっとも別にここが女の子が集まるスポットってわけじゃないんだけど何となく誰かいそうな気がしたから来てみたんだけどね。
何と言っても私の“女の子レーダー”は間違いないんだから~。
で、女の子は~……っと、あ!! いたいた~。
街を見下ろせる高台のところに一人の女の子を発見!!
さっすが超優秀な私のレーダー!!
という訳で早速突撃~~!!


いつもの様に(?)身を隠しながらササッと近づく。
「うん、見たところなかなかの美少女ね……って、あれ?」
この子も首からカメラをぶら下げている。
それも一眼レフでかなりのハイグレードモデルだわ。
それからおもむろにそのカメラを構えると写真を撮り始めた。
「景色を撮ってるのかしら~?」
女の子の写真を撮るのだけが目的だったらもうしばらくこのまま身を隠してシャッターチャンスを狙っているんだけど何となく別の意味で興味が沸いた私は身を隠していた茂みから出ると
「こんにちはぁ~」
すると向こうもこちらを振り返ると
「はい、こんにちは。何でしょうか?」
わぁ!! 近くで見るとまたすっごい美少女!!

「あなたも写真を?」
「はい。ここからの景色が凄くキレイだったものだから」
「そうなんだ~」
と言って同じように眺めてみると確かにいい景色。
それにしても自分の地元なのに何で今まで気付かなかったのか? と突っ込まれそうだけどね。
まぁ、私の場合は基本的に撮るターゲットが違うからそれ程気にしてないのも無理ないわね……と勝手に納得。
すると向こうも私がカメラを首から下げていたのを見て
「あなたも写真を撮られるんですか?」
「え?……えぇ。趣味なんで」
「被写体はどういったのを?」
「えっと、おんなの……」
おっと!! あぶないあぶない……
「人物です。あなたは風景ですか~?」
「そうです。いろんな所の風景を撮ってますね。よかったら見てみますか?」
何だか自信ありげな表情ね。だったら是非見たいわね。
ターゲットが違うとはいえ同じ写真という趣味を持つ者だから余計に興味を持ったので
「はい、見てみたいです~」
すると彼女は持っていたバッグからタブレットPCを取り出すと自分の作品を見せてくれた。
へ~~~~、他にもこんなキレイな場所があったのね。
知っている風景もあれば知らない風景もあるけど知ってる風景も時間や方法を考えて見違えるようにキレイに撮ってる。
これを見るだけでも彼女が素人離れしたかなりの撮影技術を持っているのが分かる。
いつの間にか私は正直もう本来の目的(?)を忘れて彼女の写真を見入っていた。
それに依頼で風景を撮ることも結構あるからこれはすっごく参考になる。
ホント私が女の子以外の写真をこれだけ熱心に見ることは珍しいわね。
すると彼女も
「あなたが撮った写真も見せて欲しいな」
一瞬『え?!』っと思ったけど考えてみたらいつでも見せられる様に持って歩いてるのは自信がある写真だけだから私はカバンからフォトアルバムを取り出すと彼女に渡した。
彼女は1枚1枚熱心に見ていた。
「撮ってるのは女性ばかりなんですね」
「え? ……えぇ、一応……」
女の子ばかりだからどんなツッコミがくるのかと思っていたけど
「凄くキレイに撮れていますね。女性の魅力が凄く引き出されていますし被写体の方の表情が凄く生き生きしていますね。笑顔も作った笑顔じゃなくて自然に出ているのが凄いです。あ、この写真見たことあります。確かコンテストで入賞されてましたよね」
そんなことまでよく知ってるわね。
自慢するわけじゃないけどコンテストでの入賞歴は結構あるんだからね。
で、どれかと思って見てみると文緒ちゃんを撮った写真。
そりゃもうそもそも女の子を撮らせたら私の右に出る人はいないと思ってるから。それに文緒ちゃんだったら何百枚(もしかして何千枚?)撮ったか分からないしアルバムのはその中から更に厳選しているからこの文緒ちゃんはもう自慢の一枚よね。

それからというもの私達は放課後にここで会ってお互いの作品を見せ合ったり写真について深いお話をするようになった。
内容としては彼女も人物撮影に興味を持ったのか私から人物を撮るコツを聞いたり、私も彼女から風景を撮るコツを聞いたりとお互いの知識の交換とか撮影してるときのエピソードとかもう他愛もないけど結構深いお話。
学校で文緒ちゃん達とするお話と違って同じ趣味を持つ者同士として部活とは違う色んなお話ができるからいつの間にかこの時間は私にとって大切な時間の一つになっていた。


そうしているうちに、私は学校のテスト勉強のためしばらく公園に行けなくなってしまった。
もっとも一応このことは伝えてあったから問題はないはずなんだけど。
あの子のことが気になって仕方がなかった時もあったけど成績が下がろうものならそれどころではなくなってしまうからやむを得ないけどそこは我慢。
そしてテストが終わった日の放課後。
「あのコ、また来てるかな?」
と思いながら大急ぎで例の公園に来てみた。
しかしそこに彼女はいなかった。
「あら? もうここでは撮りつくしちゃったのかしら?」
もしかしてその辺に隠れていたりして……と思ったりもしたのだけどさすがにそんなことはないわね。
しばらく待ってみたけどあのコはもう来なかった。
あのコが来なければいつまでもここにいる理由はない。
「仕方ないわね。帰ろう……」
そんなに長い間ではなかったけどいつの間にか習慣みたいになっていたけど明日からもう特に用がなければここに来ることもないだろうと思うとちょっと寂しい。
「まぁ、さすがにあれだけご無沙汰してたらムリもないかしら……って、あぁ!!」
帰ろうとした矢先、私は一番大事なことを思い出してしまった。
「いっけなぁ~い!! 私としたことがぁ~!! 考えてみたらあのコの写真を一枚も撮ってなかったぁ~~!!」




あとがき……みたいなの
今回初めて『ガールフレンド(仮)』に挑戦してみました。
ってか結構以前から見ているのに今頃かよ?! って突っ込まれそうですけど。
まぁ、これでも一応エレナさんの感じを考えて書いてみたつもりではありますけど違和感とかありましたらご容赦お願いします。

それにしても考えてみたら今ではそれこそ連絡を取ろうと思ったらLINEでも何でもあるのにな(汗)
まぁ、そういうことを言い出したらアラなど幾らでも出てきそうですね(苦笑)

ブログパーツ


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kimama810.blog64.fc2.com/tb.php/534-43094203

 | HOME | 

Calendar

« | 2018-08 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

TIPS114 記念日にメッセージを表示する

Birthday


今日は誰の誕生日?


Recent Entries

Categories

Monthly

通算ランキング

月間ランキング


アクセスカウンター





現在の閲覧者数:

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

福hide

福hide

『気ままな場所』へようこそ!

文字通り思いつくまま気ままにSSを書いているところです。
主としてオーガスト系(といっても種類はかなり限定されていますが)とあとはちょこちょこと気が向いたらなのは系他も書いてたりして。

当ブログはリンクフリーです。
この様な所でよろしければ御自由にして頂いて結構です。
報告とかも任意で構いません。
ただ、メール等で御一報下さればコチラからも改めて御挨拶に伺わせて頂きます。


E-mail:morn-8.10@ninus.ocn.ne.jp(@は半角で)

FC2Ad



『夜明け前より瑠璃色な-Moonlight Cradle-』は2009年2月27日に発売です。