FC2ブログ

気ままな場所

主にオーガスト系のゲームとかのSSや類する小ネタ等を書いていこうと思います

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ママありがとう』   FORTUNE ARTERIAL SS

大変お久しぶりです。
もし待っておられた方がおられたとしたら大変申し訳ありませんでした。

一応ネタ探しはしていましたけど、正直創作意欲を失っていた感じでPCに向かってもやっているのは全然関係ないことばかりでワードすら開いていない状態でした。

もっともここに来てくれた方が少しでも気にかけてくれていたらもしかしたらいいことなんでしょうか?
まぁこのまま忘れ去られてしまうよりはいいかもしれないですね。

もしかしたこの次はまた何か月後……なんてことに(汗)



というわけで(?)さっさと本編へ ↓



FORTUNE ARTERIAL SS  『ママありがとう』


とある日曜
「瑛里華、今日これから二人で出掛けないか?」
あまりに突然の孝平の言葉に
「あ……うん。構わないけど……、って二人って?」
「あぁ、伽耶は今日はかなでさんと陽菜が面倒を見てくれるから“気分転換も兼ねてたまには昔に戻って恋人気分で出かけて来い”ってさ」
へ〜〜〜?! あの二人もまたどういう風のふきまわしかしら。
だけどここのところ何かと忙しかったしそう言うんだったらこの際お言葉に甘えてみるのもいいかな?
それに悠木先輩ならともかく(?)陽菜もいるんだったら大丈夫ね。そもそも伽耶もあの二人には懐いてるし。
そんなことを考えながら私は出掛ける支度を始めた。

ピンポ~ン
あ、どうやら二人のお出ましみたいね。
「おっはよ~~。おぉ、お出かけ準備は完了してるみたいだね」
「おはようございます、悠木先輩。今日はお言葉に甘えさせて頂きます」
「おはよう、えりちゃん。伽耶ちゃんのことは任せておいてね」
二人の声を聴きつけたからなのか奥から伽耶が出てきて
「あ、かなでおねえちゃんはるなおねえちゃん おはようございます」
「おはよう、伽耶ちゃん。今日はよろしくね」
「うん」
「それより二人とも玄関で立ち話も何だから上がってちょうだい」
「うん、おじゃましま~す」

「それはそうと陽菜、また結構な荷物抱えてるのね」
陽菜は何か分からないけど妙に大きなバッグを抱えてきていた。
「うん、お昼ご飯の材料とかね」
「なんだ、それだったら別にウチにあるのを遠慮なく使ってくれてもいいのに」
「それも考えたんだけど一応ね」
まぁ、陽菜らしいとは思ったけど
「うふふ、冷蔵庫にもいろいろ入ってるから必要だったら自由に使って」
「うん、そうさせてもらうね」 
「それよりこーへーにえりりん、時間は限られてるんだからさっさと行った行った!!」
悠木先輩がまるで“早く出ていけ!!”と言わんばかりに急かし始めた。まったく……この家の主は誰? って感じだけど ま、いいか。
「そうだな。それじゃあ瑛里華、出掛けるとするか」
「それじゃあお願いします。伽耶、二人の言うことをきいてちゃんとするのよ」
「うん。パパ、ママ いってらっしゃ~い」


「で、今日はドコへ連れて行ってくれるの?」
「う~~~ん、そう……だな~~。とりあえずショッピングセンターに行くか?」
「あのね~、それじゃあいつもと変わらないでしょ?」
「でも今日は伽耶がいないからそれこそ気分を変えて昔の気分でいいんじゃないか?」
「ふむ……それもそうね。それじゃ」
私は孝平の腕に思いっきりしがみついた。
「おいおい瑛里華、いきなりかよ!!」
うふふ、照れてる照れてる。カ~ワイィ~~~。
いきなりやられて顔を真っ赤にしながら照れてる孝平に
「だってあのときはこんなことを普通にやってたでしょ?」
「だ……だからみんなから“バカップル”なんて言われたんだよ」
何だか必死になってるのが丸わかりよ。
「なによ!! 何か不満でもあるの?」
「いえいえ、断じてそのようなコトはございません」
「よろしい」
エラそうには言ってるけどやっぱり孝平のあの照れ具合は昔と変わらないわね。さすがに伽耶の前では出さないけど私と二人になったら出るのよね。もっとも私がそうさせてるんだけど。

まぁ、何にしても久しぶりに恋人時代に戻ったみたいに二人きりで大した目的もなく(?)ウロウロしてるだけなんだけど、何故か不思議なくらいに気分もスッキリ。
「瑛里華、少しはリフレッシュできたか?」
「うん。今日はありがと。みんなのおかげでスッキリできたわ」
「そりゃよかった。それじゃあそろそろ帰ろうか」
「うん。だけどその前に伽耶と伽耶の面倒をみてくれた悠木先輩と陽菜に何かおみやげでも買っていこうよ」
「そうだな。何と言っても今日はあの二人のおかげだしな」
というわけでテレビとかで紹介されていた結構有名なお店でおみやげにスイーツを幾つか買い込んだ。


「ただいま~~。伽耶、いい子にしてた?」
「あ、パパママおかえり~~~」
「おぉ、おかえり。いいタイミングだね」
タイミング? 何だろう? ま、いいか
2人にお土産を渡しながら
「悠木先輩に陽菜、今日はありがとう」
「もぅ~、そんなに気を遣わなくてもいいのに」
「おぉ~~!! これはテレビでも紹介されてたあのお店のスイーツだね。さすがはえりりん」
2人とも喜んでくれたみたいでよかったよかった。

「それはそうとして伽耶ちゃん」
悠木先輩に促されるように伽耶が何やらお弁当箱を私に差し出して
「ママ、これあけてみて」
『ん? なんだろう?』 と思いつつ言われるままに蓋を開けてみると
「え?! これって!!」
中身はお弁当、それも一面ご飯に上に海苔を切り取って『ママありがとう』と書いてあった。
その字もいかにも子供が書いたらしいたどたどしい字だし。
それと横には一応おかずだと思うけどソーセージを焼いたのが入っていた。
ますますもって子供が作ったらしいお弁当って感じだけど、あまりの突然の出来事に私はビックリ!!
「え……もしかしてこれ……伽耶が??? でもなんで?」
きっと陽菜に習いながら頑張ってたのね。
「これ全部伽耶ちゃんが作ったんだよ。私は全然手を出してないから」
それを聞いて伽耶がこのお弁当を必死になって作っている姿が頭の中に浮かんできた。
「う……うん。だってきょうは“ははのひ”だから」
「え……?!」
今の今まで私は今日が“母の日”だというのを忘れてた。
伽耶!! あなたって、なんて……なんていい子なの!!
思わず涙が溢れ出た次の瞬間私は伽耶を抱きしめると
「伽耶!! ありがとう!!! ありがとう!!!」
私は込み上げてくる嬉しさを抑えきれず何度も「ありがとう」って言いながら伽耶を抱きしめ続けた。

どれくらい時間が経っただろう?
すこし気持ちが落ち着いてきた私は伽耶を離すと
「あれ? 陽菜達は?」
「あぁ、もうとっくに帰ったぞ。それよりせっかく伽耶が頑張って作ってくれたんだから」
「うん、でももったいなくて食べられないよ……」
何だか食べてなくなってしまうのが名残惜しいというのか……。
すると伽耶が寂しそうな顔で
「ママ、たべてくれないの?」
「そ……そんなことないわよ。そうだ!! 写真を撮って残しておこうね」
スマホを取り出して何枚か写真を撮って
「それじゃあ伽耶、いただきます」
「うん」
一口二口……
「うん、美味しい。美味しいよ伽耶。ちょっとしょっぱいけど美味しい」
「そりゃ瑛里華が泣きながら食べてるからだよ」
「わ……分かってるわよ。それより伽耶、今日はありがとう。本当にありがとう」




あとがき……みたいなの
本当に久しぶりに書いてみました。
今回も元ネタはラジオ番組からです。
さて、伽耶ちゃんに『母の日』のプレゼントとしてお弁当を作ることを勧めたのは果たして誰なんでしょうか?(おいおい……)


ブログパーツ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kimama810.blog64.fc2.com/tb.php/544-b7d41a3f

 | HOME | 

Calendar

« | 2018-10 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

TIPS114 記念日にメッセージを表示する

Birthday


今日は誰の誕生日?


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

Recent Entries

Categories

Monthly

通算ランキング

月間ランキング


アクセスカウンター





現在の閲覧者数:

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

福hide

福hide

『気ままな場所』へようこそ!

文字通り思いつくまま気ままにSSを書いているところです。
主としてオーガスト系(といっても種類はかなり限定されていますが)とあとはちょこちょこと気が向いたらなのは系他も書いてたりして。

当ブログはリンクフリーです。
この様な所でよろしければ御自由にして頂いて結構です。
報告とかも任意で構いません。
ただ、メール等で御一報下さればコチラからも改めて御挨拶に伺わせて頂きます。


E-mail:morn-8.10@ninus.ocn.ne.jp(@は半角で)

FC2Ad



『夜明け前より瑠璃色な-Moonlight Cradle-』は2009年2月27日に発売です。









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。