FC2ブログ

気ままな場所

主にオーガスト系のゲームとかのSSや類する小ネタ等を書いていこうと思います

FORTUNE ARTERIAL SS 『対決・・・のはずが!』

先日公開した「対決・・・なのか?」の別バージョンです。(たぶんこれも18禁でしょう)
そのためか(?)途中まで本文の完全流用ということをしてしまってますので、もし前作を読んで頂けていた場合は何でしたら前半をとばして読んでいただければと思います。
まぁ、こういう分岐もどうだろうか?と思ったのがそもそもの発想なんですけど・・・それにしてもこりゃやり過ぎ・・・でしょうか?


俺は放課後に日課の如く監督生棟に来たわけだが、玄関を入って監督生室へ行くまでの間に副会長の叫び声と紅瀬さんのクールだけど妙に強気な声がする。
どうも恒例(?)の口喧嘩をしているみたいなのだが、よく聞いてみると
「私のほうが支倉くんに相応しいわ」
「いいえ!私の方よ」
「こうなったら勝負よ!!」
「臨むトコだわ!!」

何やっとるんじゃコイツ等は???

何かよく分からないがとりあえず監督生室に入る。
何故か会長と東儀先輩と白ちゃんがいないのをいいことにこの二人は好き勝手やってるみたいだ。
「二人とも何やってんだよ」
「あ、支倉くん いいところにきたわね」
副会長の妙に明るい声がしたのだが、突然俺に内蔵された高性能レーダー(なんじゃそりゃ?)が異常反応を示した。
そう、『このままここにいたらヤバイ』と

「あ、俺 今日はちょっと用事を思い出して・・・」
俺は恐る恐るこの場を立ち去ろうとすると
「支倉くん、逃がさないわよ」
紅瀬さんが出入り口の扉の前に立ちはだかる。
「あなたにはこれから私達二人のどちらがあなたに相応しいかテストしてもらわないといけないから」
「テストって?」
「ちょっとゴメン」
突然俺は何か薬みたいなのを嗅がされた。
「あれ???急に眠く・・・なって・・・・・・・・」
俺はそのまま意識を失った。


目が覚めると俺は柱に手足をを縛られていた。
で・・・何故か下半身は丸出し状態に・・・
そして目の前には先程喧嘩(?)していた二人が
「わわっ!ちょっとどういうことだよ!!これは!!それにここはドコだよ?」
「大丈夫よ、痛いことはしないから。これから支倉くんには目一杯気持ちよくなってもらうわ」
「え?????」
訳がわからん・・・
「だからこの縄をほどいてくれよ!!変なことはやめてくれ!!」
「だから大丈夫よ。それじゃ始めましょうか?」
「分かったわ」
「聞いてるのか?!!縄をほどいてくれ!!」
「それじぁルールの確認を」
「コラ――――!!!スルーするな――――!!!」
「ちょっと静かにしてくれる?大事な話をしてるんだから。それに叫んだってココには誰も来ないんだし」
「大事って・・・おい!!コラ!!な!!なにやってるんだ!!!」
副会長が突然自分の穿いていたショーツを脱いで丸め、俺の口の中に押し込んだ。
「何もなかったらとりあえずこれでゴメンなさい。ちょっとの間、黙っててね」
「ん―――――!!!ん―――――――!!!」
「じゃぁルールね。順番に支倉くんに奉仕してどちらが気持ちよかったか彼に決めてもらいましょう」
「ん―――――!!!ん―――――――!!!」
「でもそれじゃあもしかして溜まってる分、最初にやった方が有利なんじゃないの?二人で同時にやってどっちがよかったか決めてもらうというのは?」
「いいわ。それと手は使用禁止。口と舌のみを武器とすること」
「ん―――――!!!ん―――――――!!!」
「了解」

「ん―――――!!!ん―――――――!!!」
「もう、賑やかね。ちょっと待ってなさい」
やっとのことで口からショーツを取り出された俺は
「はぁ・・・はぁ・・・さっきから黙って聞いてりゃ勝手なこと言ってくれやがって!!」
「全然黙ってなかったけど。それに文句を言ってもらうために取り出したんじゃないからね」
「そう。支倉くんの口から判定を聞くために外したんだから」
「あら・・・美女二人を目の前にして元気ないわね」
二人とも不敵な笑みを浮かべて
「もしかして怯えているのかしら?」
「さぁ?どうなのか体に聞いてみましょう」

ヤバイ!何だか二人の目が獲物を狙う女豹と化している。このままじゃ・・・喰われる・・・と言っても逃れる術などない。
「もしかして俺・・・このまま二人に犯されるのか・・・??!!」
「あら失礼ね。対決の立会人になってもらうだけよ」
「それじゃ始めましょう」

二人の口が俺の下半身に近づいてくる。俺はこのまま喰われてしまうのか!!
チュッ
チロッ
二人の唇が、舌が触れた瞬間
「うわあああああっ!!」
体中に電撃が走った。
そしてそれまでそれ程元気のなかった俺の分身があっという間にこれでもか!!というくらいに天に向けて起き上がった。
しかし仰け反ろうにもご丁寧に体も縛ってくれているから身動き一つ出来ない。
それをいいことに二人の口撃は止まるところを知らない。
「やっぱり元気になったじゃない?凄いわ!!」
「私と紅瀬さんのどっちが気持ちいい?もちろん私よね」

カタン・・・
突然扉の方から音がした。
「・・・白」
「・・・東儀さん」
「し・・・白ちゃん」
「瑛里華先輩に紅瀬先輩にそれに・・・支倉先輩・・・一体・・・何を・・・?」
この光景を見て白ちゃんは固まっている。
「ふふふ・・・見ての通りよ」
「見られたのなら・・・仕方がないわね」
二人が不敵な笑みを浮かべてフラリと立ち上がると
「え・・・?」
一瞬二人の姿が消えた。
そして物凄いスピードで次の瞬間には白ちゃんを捕まえて俺の目の前に連れてきていた。
白ちゃんが今にも泣き出しそうな表情で
「瑛里華先輩・・・紅瀬先輩・・・私をどうするんですか?
「白ちゃんをどうするつもりだ!!止めろ!!」
「大丈夫よ。別に痛めつけるとかの暴行は絶対しないわ」
「そうよ。できれば白も仲間になってくれればうれしい、ってだけの話」
「私も・・・仲間に・・・ですか?」
「そうよ。一緒に気持ちよくなるのよ」
そう言うが早いか二人で白ちゃんの唇や首筋に唇や舌を這わせ始める。
「は・・・あ・・・」
「ちょっと二人とも止めないか!!」
「支倉くんはあとで気持ちよくしてあげるから今は黙ってて」
そう言うや否や再び副会長のショーツが俺の口の中に押し込まれた。
「ん――――――――!!!んん―――――――!!!」
「まだ賑やかね。それじゃ私のも」
と言うと紅瀬さんも穿いてたショーツを脱いで俺の口に押し込んだ。
「・・・・・・・・!!!!!」
もうダメだ・・・喋れん・・・
しかしこの二人は仲がいいのか悪いのか・・・。
キスをしながら片方が白ちゃんのブラウスを脱がせて胸をはだけさせたかと思えば片方も首筋を舐めながらたちまちスカートやショーツを脱がせてしまった。
二人の何とも完璧とも思える連係プレーでたちまち白ちゃんはあられもない姿にされてしまった。
「うふふ、キレイよ、白」
「あ・・・・ぁ、そんな・・・」
「支倉くんの『男』もこんなに喜んでるわよ。もっと喜ばせてあげて」
不覚にも俺の分身は反応してしまってるみたいだ。でも俺にはどうすることもできない。

二人の指が唇が白ちゃんの体を這い回り始めた。
チュッ・・・チュッ
くちゅ・・・
卑猥な音が部屋の中に響く。
「あああぁ・・・瑛里華先輩・・・紅瀬先輩・・・何だか・・・変な・・・感じです・・・」
「いい声よ、白。ここはどんなに叫んでもいいからもっと淫らな声を聞かせて」
「東儀さんの声でほら・・・支倉くんも喜んでる。もっと聞かせてあげて」
「あああん・・・はああああぁ・・・・す・・・すごいです」
「いやらしいのね、東儀さん。もうこんなにしちゃって」
紅瀬さんの指には白ちゃんの愛液がまとわりついており、指を開閉する度に糸を引いていた。
それを白ちゃんに見せつけながら
「ご覧なさい。あなたのアソコ、こんなに凄いコトになってるんだから」
「そ・・・そんなコト・・・言わないでください・・・あああぁぁ・・・」
紅瀬さんの指や舌が白ちゃんの敏感な部分を巧みに擦りあげ、そして発せられる卑猥な音が部屋に響く。
くちゅ・・・ぴちゃ・・・
「あああぁ・・・紅瀬先輩・・・そんな・・・こと・・・されたら・・・ああぁん」
「東儀さんの淫らな姿を支倉くんにもっと見せてあげて」
紅瀬さんが白ちゃんの足を広げて濡れそぼった蕾を俺に見せてきた。
白ちゃんは虚ろな目をしながら
「あぁ・・・支倉先輩に・・・私の恥ずかしいところを・・・見られてる・・・」
「どう?支倉くん、生殺し状態も悪くないみたいね。こんなにカチカチになっちゃって」
「支倉くん、白のはしたない姿をたっぷりと見てあげて」
「あら?もしかしてここに入れたいのかしら?でもダメよ」
どうやら分身の方は本当に正直みたいである。

「白、遠慮なくイッちゃいなさい」
こんなことで勝負しなくてもいいのに副会長も負けじと白ちゃんの体を舐めまくっている。
「はああああん・・・もう・・・もう・・・ダメです・・・おかしく・・・なりそう・・・です」
「もうイッちゃうの?もっと支倉くんを喜ばせてあげなきゃ」
正直俺の方がおかしくなりそうだ。そりゃそうだろう。こんなこととはまるで縁の無さそうなコが目の前であられもない姿をさらして乱れていれば。
「あん・・・ああああ・・・あああぁ・・・」
「そろそろ限界みたいね。それじゃトドメよ」
二人の舌と指が激しく白ちゃんを責めあげた。
「はああああああああああぁぁぁぁ―――――――――――!!!!!」
今まで聞いたことないくらいの大きく淫らな声が上がった。
どうやらイッてしまったみたいだ。

「どうだった?白」
「は――――、は――――、・・・す・・・す・ご・い・・・です・・・」
「それじゃ今度はみんなで支倉くんを喜ばせてあげましょう。東儀さんももちろんね」
「はい」
え・・・?し・・・白・・・ちゃん?!!
俺はギョっとした。
副会長や紅瀬さんはともかくとして白ちゃんまでが妖艶な目に変わってしまったのだ。
こういったことに全く縁の無かった筈の白ちゃんの目がいつの間にかまるで百戦練磨の様な妖しい笑みを浮かべて俺を(正確には俺の分身を)見つめている。
その光景はまるで3匹の女豹に狙われているかのようである。
まさかこの二人は催眠術でも使えるのか?
それとも二人に調教されてこうなってしまったのか?
まさか眷属にされてしまった・・・とか?・・・は無いだろう。
副会長が自分の血を飲ませた気配とかは無かったし、そもそもそうすること自体を副会長は嫌っていたはずだからそれはありえないな・・・。


「じゃあ先ずは白からね」
「はい」
ちょっと待て、白ちゃん!!!
と心では叫んでいるのだが口を塞がれているので全く声が出せない。
小さな口が舌なめずりしながら近づいてくる。
・・・ちゅぱ・・・チロチロ・・・
「・・・・・・!!!!」
俺の体中を電撃が走り抜ける。
「ふふふ、支倉くんったら、白に舐めてもらって凄く喜んでるわ」
「どう?東儀さん。これが『男』よ」
「はむむむ・・・硬くておっきくて・・・逞しいです・・・」
!!!
これがあの白ちゃんなのか?!!
まるで人が変わったように激しく舌を絡ませながら俺の分身を貪っている。
そして更に大きく口を開けて俺の『男』をほうばった。
口の中で舌が動き回る。
もう何とも形容し難い感触である。
ああぁ、し・・・白ちゃん!!
「支倉先輩、気持ちいいですか?」
二人がうっとりした目をして
「支倉くん、気持ちよさそう。白、大丈夫よ」
「そろそろ私達も参加しましょう」
「そうね」
「!!!!」
白ちゃんが先を舐めている横から二人が左右に分かれて舌を這わせてきた。
「・・・・・・!!!!!!!」
3人に舐められて俺はもう本当におかしいことになりそうだ・・・。
「あ・・・ん・・・硬いわ・・・逞しい・・・んんん・・・」
「はぁ・・・こんなにしちゃって・・・凄いわ・・・はむ・・・」
「何か・・・出てきました・・・はぁ・・・」
「白、・・・全部舐めてあげてね・・・」
「・・・はい」
白ちゃんの舌が先を這いまわり、二人の舌が横に絡みつくように這いまわる。
もう・・・もう・・・我慢できない・・・出る・・・出る・・・!!!
「もうすぐね。支倉くんをイカせてあげなさい」
「・・・はい」
白ちゃんの舌使いが益々激しくなった。
舌の先っちょを尖らせてクネクネ動かしたり亀頭を舐め回してみたり・・・どこで覚えたのだろうというような技を繰り出してくる。
うあああ・・・もう・・・ダメだ―――――!!!!!出る出る出る!!!
そして・・・
「ん――――――――――――!!!!!!!!」
ドピュ!!ドクドク!!!
正面にいる白ちゃんの顔目掛けて発射してしまった。
3人に責められたからかいつもの3倍くらいの量が出た気がする。

「あぁ、お化粧された白、とってもキレイよ」
「これが・・・支倉先輩の・・・」
「そう、これが精液よ。それにしてもいっぱい出たわね」
「それに凄く濃厚ね。何日か出さずに貯めてたのかしら?」
「白、舐めてごらんなさい。『男の味』を味わってみなさい」
「はい」
白ちゃんは妖しい笑みを浮かべながら顔に付いた白液を指ですくって口に含み、そして俺の方を見て

「・・・美味しい。もっとください」

俺は白ちゃんの表情を見て青ざめた。その表情からはこれまで見せてくれていた天使の様な笑顔は完全に消え失せており、獲物の味を占めて再び美味しい獲物を目の前にしてニヤリとしている獣の表情である。
「白も目覚めたわね。いいわよ、もっと気持ちよくしてあげなさい」
「もうちょっとは出ると思うわ。でも・・・玉切れにしちゃダメよ」
「はい。支倉先輩、もっともっと気持ちよくなってください」
「・・・・・・!!」

そして・・・今や完全に魔性の女に変わってしまった白ちゃんの口が再び近づいてきた。






あとがき・・・みたいなの
そう言えば以前に白ちゃんの場合は露骨なHシーンは・・・なんて書きましたけど、この話がふと浮かんでしまったので書いてしまいました。
それにしても・・・冒頭で書いたようにこりゃやり過ぎと言いますか突っ走り過ぎと言いますか・・・。



ブログパーツ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kimama810.blog64.fc2.com/tb.php/71-c220f991

 | HOME | 

Calendar

« | 2019-11 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

TIPS114 記念日にメッセージを表示する

Birthday


今日は誰の誕生日?


Recent Entries

Categories

Monthly

通算ランキング

月間ランキング


アクセスカウンター





現在の閲覧者数:

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

福hide

福hide

『気ままな場所』へようこそ!

文字通り思いつくまま気ままにSSを書いているところです。
主としてオーガスト系(といっても種類はかなり限定されていますが)とあとはちょこちょこと気が向いたらなのは系他も書いてたりして。

当ブログはリンクフリーです。
この様な所でよろしければ御自由にして頂いて結構です。
報告とかも任意で構いません。
ただ、メール等で御一報下さればコチラからも改めて御挨拶に伺わせて頂きます。


E-mail:morn-8.10@ninus.ocn.ne.jp(@は半角で)



『夜明け前より瑠璃色な-Moonlight Cradle-』は2009年2月27日に発売です。